音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

help RSS 哀愁のフォーク・ディキシー

<<   作成日時 : 2011/05/15 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日に引き続きThe CD Club盤のご紹介。
大ヒット曲「ワシントン広場の夜はふけて」で一世を風靡したヴィレッジ・ストンパーズの編集盤です。


ヴィレッジ・ストンパーズ/ワシントン広場の夜はふけて
CD 2009年


画像

1.ワシントン広場の夜はふけて
2.悲しきカンガルー
3.天使のハンマー
4.ブルー・グラス
5.歌わずにはいられない
6.モスクワの夜はふけて
7.ウォーク・ライト・イン
8.グリーン・グリーン
9.詩人と預言者
10.凍りつく大峡谷
11.風に吹かれて
12.ドリンキン・ガード
13.ゴッタ・トラヴェル・オン
14.すてきなあなた
15.夜ふけのブルース
16.くよくよするなよ
17.カーニヴァルの夜はふけて
18.聖者が町にやってくる
19.ドニニク
20.フランキーとジョニー
21.山は緑に
22.ブダペストの橋
23.メロディ・ダムール
24.グッドナイト・アイリーン
25.ロシアより愛をこめて
26.屋根の上のバイオリン弾き



The CD Club盤にマニアックなブツはないと書きましたが、これはちょっと貴重といえば貴重なCDといえるかもしれません。
ヴィレッジ・ストンパーズの1枚目(1〜12)と2枚目(13〜24)のアルバムから全曲を収録した上に、2曲のシングル曲(25),(26)をボーナス・トラックとして追加収録した編集盤なのですが、なんと日本盤が発売されるのはこのThe CD Club盤が初めてとのこと。
まぁ、貴重と言っても同内容の輸入盤が現在でも入手可能なので、高いお金を出して買う必要は全くありませんけどね(笑)。
ただ、ライナーがレココレ誌などでもお馴染みの宇田和弘さんなので、読み応えのある内容になっているのは嬉しいところではありますね。
宇田さんのライナーによると1stアルバムは「ワシントン広場の夜はふけて」の大ヒット(63年、全米チャート第2位)に引っ張られアルバム・チャートでも堂々5位を記録。
その大ヒット曲「ワシントン広場の夜はふけて」ですが、元々は歌詞があったそうで、内容は「全米各地のフォーク好きの若者が、どんどんグリニッチ・ヴィレッジに向かっていく。」というもので、「夜」とは何の関係もない歌だったそうです。
歌詞が入った日本語ヴァージョンは聴いたことがありましたが、元々は歌詞入りだったとは初めて知りました。
セカンド・アルバムは全米139位とほとんど売れなかったそうですが、内容的には1枚目と比べても遜色のない素晴らしい出来だと思います。
ただ、元来がディキシーランドのバンドなのでただ明るいだけ(笑)といった演奏も結構ありますので、「ワシントン〜」のような哀愁溢れる曲ばかりを期待すると多少肩透かしを食うかも知れません。
まぁ、かく言う自分も、一番グッと来るのは「ワシントン〜」と同タイプの(5),(6),(9),(15)だったりするわけですが(笑)。

それにしても、リアルタイム派じゃない自分でも、「ワシントン〜」はその昔、よくラジオで耳にしたものですが、最近ではほとんど聴くことはありません。
若い人が聴いても「いい曲だなぁ」と実感できるエヴァーグリーンな名曲のひとつだと思うんですけどね〜。


ヴィレッジ・ストンパーズ - ワシントン広場の夜はふけて



ヴィレッジ・ストンパーズ - 詩人と預言者



購入記録 ブックオフ 500円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ!なんて懐かしい…!
ワシントン広場…を聞くとウイスキーが飲みたくなってきます(笑)
このグループってちゃんとアルバムを出してたんですね!
今までぜんぜん知りませんでした!
いま動画でグリーングリーンを聴きながら書いてますけど楽しい!
ディキシーランドジャズってけっこう好きです♪
あとはオールドタイミーな感じの20's30'sのジャズなんかも。
つい先日も、海外のネットラジオ「Shout Cast」で
そのテの放送局を見つけて聞いたばかりです♪
地に足がついたような感じですごく落ち着く♪
もりたん
2011/05/17 00:35
もりたん 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>ワシントン広場…を聞くとウイスキーが飲みたくなってきます(笑)
「サントリーオールド」のCMに使われた「夜がくる」に雰囲気がクリソツですよね。
ついでにアントン・カラスの「第三の男」も聴きたくなってきます。
バンジョーの替わりにチターで「 ワシントン〜」を演奏したら、メチャ合いそうです。

>あとはオールドタイミーな感じの20's30'sのジャズなんかも。
オールドジャズはいいですよね〜。
特にスウィング・ジャズは大好きです。
おやぢ
2011/05/17 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
哀愁のフォーク・ディキシー 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]