音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無人島レコード 6〜10枚目

<<   作成日時 : 2015/07/08 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系
を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。



第2回目は、ビートルズ・フォロワーを5枚。


The Rutles / Archaeology (1996)

画像

パロディ度はファースト・アルバムに譲りますが、楽曲の完成度はこちらの方が上かな。
単なるパロディにとどまらない名盤。
ニール・イネスはやっぱりすごい!
まぁ、ラトルズがフォロワーといっていいのかは分かりませんが。


Badfinger / No Dice (1970)

画像

ビートルズの弟分、バッドフィンガーの2枚目。
次作「ストレート・アップ」を最高作とするファンも多いようですが、シングル「嵐の恋 (No Matter What)」にリアル・タイムで夢中になった身としては思い入れのあるアルバムです。
B面の「ベター・デイズ」も好きだったなぁ。
ニルソンが歌ってヒットした「ウィズアウト・ユー」のオリジナルも素晴らしい。



Electric Light Orchestra / Discovery (1979)

画像

「アウト・オブ・ザ・ブルー」も大好きなので迷いましたが、あの2枚組アルバム、A面の4曲は最高だけど後は惰性で聴くことが多かったので、最初から最後まで名曲が並ぶこちらをセレクト。
ジェフ・リンも最終的にはビートルズの身内のような存在になって、手腕を振るえこととなったのは望外の幸せだったのではないでしょうか。



Klaatu / Magentalane (1970)

画像

ビートルズの覆面バンドでは?との憶測も飛んだカナダのビートルズライクなバンド、クラトゥの5枚目にして最終作となってしまったアルバム。
これをベストとするファンは少ないでしょうけど、ビートルズ愛を感じさせつつも、独自の境地に達した名盤と個人的には評価しています。
当時はカナダ国内のみのリリースだっため、知られざるアルバムでもあったようです。
昔は3rdが一番好きだったけど今はこっちかな。


Grapefruit / Around Grapefruit (1968)

画像

アップル契約第1号アーティストにしてバンドの名付け親はジョン・レノンということで、デビュー当初からビートルズの遺伝子が色濃く組み込まれたグレープフルーツ。
「Yesterday's Shunshine」「Elevator」など中期ビートルズの雰囲気をモロ受け継いでいる良曲がズラっと並んでいて楽しめます。
独Repertoireからの2005年リマスター盤がクリアーな音質でお勧め。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無人島レコード 6〜10枚目 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる