音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無人島レコード 56〜60枚目

<<   作成日時 : 2015/09/16 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。



まだまだ先が長いムジレコ・シリーズ。
今回はアメリカの女性シンガー・ソングライター編です。


Phoebe Snow / Phoebe Snow (1974)

画像

フィービ・スノウの記念すべきファースト・アルバム。
フォーク、ブルース、ジャズ、R&B、ゴスペル、ロックなどあるゆるジャンルの要素を取り入れた彼女の音楽性はジャンル分け不能で、正にスタイリストというべきワン・アンド・オンリーの存在といえるでしょう。
大ヒットした「Poetry Man」は多くのアーティストがカバーしていますが、オリジナルを超えるヴァージョンには未だに出会ったことはありません。
名曲揃いの本作ですが、一番好きなのは「Harpo's Blues」かな。
何度聴いても飽きることのない不朽の名盤。



Janis Ian / Aftertones (1976)

画像

う〜ん、これは迷いました!
なんせ、ジャニスの再デビュー後の70年代のアルバムはいずれ劣らぬ名盤ばかりですからねぇ。
迷った末に、一番最初に輸入盤LPで買ったこのアルバムを。
内容については今更説明の必要はありませんね。
TVドラマの主題歌で使われ大評判となった「Love Is Blind」など有名曲ばかりです。
日本でも「愛の余韻」というクサいアルバム・タイトルでリリースされ大ヒットしました。
それにしても、YouTubeの検索で「Love Is Blind」と入れたら一番上に西野カナ嬢が出てきたのにはたまげました(笑)。



Carol King / Pearls (1980)

画像

「つづれおり」を名盤と認めることはやぶさかではありませんが、愛聴盤かというと決してそうではありません。
というかほとんど聴かないといってもいいかもしれません。
かわりによく聴くのがこのアルバム。
ゴフィン&キング・ナンバーのお気楽?なセルフ・カヴァー集なんですが、リラックスしたキャロルの歌声が実にいい。
クッキーズでヒットした「Chains」やマキシン・ブラウン以来多くのアーティストが歌い、もはやスタンダード・ナンバーといってもいい「Oh No Not My Bay」なんか最高ですね。
相変わらずカット盤で買ったLP音源で聴いてます。



Carly Simon / No Secret (1972)

画像

ロンドンで録音された3枚目のオリジナル・アルバム。
ミック・ジャガー、ポール&リンダ・マッカートニー、ジェームス・テイラー、ローウェル・ジョージ、ビル・ペイン、ニッキー・ホプキンスなど豪華メンバー参加したことでも知られる1枚ですね。
ちょっとベタな選盤のような気がしますが、個人的に大好きな「It Was So Easy」や大ヒット曲「You're So Vain」始めとしていい曲が揃っていますし、この胸ポチ・ジャケにときめいたファンも多かったのでは。
なんか、安易な選び方ですけど(笑)。



Tracy Chapman / Tracy Chapman

画像

Fast Car」を初めて聴いたときの衝撃は未だに残っています。
ある意味、エポック・メイキングだったといっても過言ではない傑作アルバムですね。
トレイシーのその後の作品にどこか尻すぼみ感があるのは、最初に大傑作を生んでしまった必然だったのかも知れません。
まぁ、実際にはセカンド・アルバムも結構売れましたし、96年にも「Give Me A Reason」を大ヒットさせていますので、決して最初だけということでは全然ないんですが、何か印象がね…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『ユー・アー・ソー・ベイン』以前バンドで女性ボーカルに歌わせて、俺はリズム・ギター、中間ソロ、ミック・ジャガーのコーラス部分と・・・おいしいところを担当!! 今でも大好き!! 【ノー・シークレット】は俺もオールタイム・ベストの一枚にチョイスしました。「ムネポチジャケ」にときめいた一人です!!
シュガー・シェイカー
2015/09/17 01:15
シュガー・シェイカー 様

>オールタイム・ベストの一枚にチョイスしました。
なんだかんだいっても「ノー・シークレット」は名盤ですよね。

>「ムネポチジャケ」にときめいた一人です!!
お〜、やっぱりときめきましたかぁ(笑)
このジャケ、当時としてはインパクトありましたもんね。
おやぢ
2015/09/17 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
無人島レコード 56〜60枚目 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる