音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無人島レコード 176〜180枚目

<<   作成日時 : 2016/04/06 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。




さて今回はタイ・ポップス編です。


Doobadoo / Doobadoo (2005)

画像

男女二人組ユニット、ドゥー・バ・ドゥーが2005年にリリースした作品。
大ヒット曲「Mai chai poo chai」を初めとする軽快なポップ・チューンからジャズ色の強い「Sukhumvit」や「Khun nai ma karm」まで歌いこなすピチガー嬢のウィスパー系ヴォーカルが素晴らしい。
タイ・ポップスのレベルの高さを示した名盤と言えるでしょう。


Praew Kanitkul / Melody of Praew (2010)

画像

人気キッズ・アイドル・グループ「x3 Super Gang」で活躍していたプレーオ・カニタクンのソロ・アルバム。
正確には2004年にリリースされたソロ・アルバムのほぼ全曲に、スーパーギャング時代の曲やコンピ盤のみに収録された曲を追加したコンピレーションというのが正しいようですが、プレーオのハスキーなのに甘い独特の歌声を
楽しめる逸品となっています。
特に「Dai prode」や「Mai Wai Jai Tua Eng」といったナンバーはタイ・ポップス・ファン以外にもお勧めしたい名曲かと。


Ann Thitima / Nice Time (2002)

画像

こちらも元x3 Super Gangで活躍していたエーン・ティティマのソロ3作目。
ラヴリーなヴォーカルが印象的なトロピカル・チューン「Suay nhoi noi」で始まり、爽やかなミディアム・チューン「Kub khon chen ter」で終わる構成も最高。
可愛らしいルックスのプレーオとは対照的にパッとしない事務員風の見た目に騙されてはいけない極上キュートなタイ・ポップス盤です。


Ploy/Worm eye's view (2003)

画像

天使の歌声、プロイのサード・アルバム。
1、2枚目も素晴らしいけど、頂点はやっぱり本作かな。
8人のプロデューサーを起用したというサウンドは多彩で、バロック音楽、オールド・ジャズ、フォーク・ロック、レゲエ、アイリッシュ・トラッドなどの要素がちりばめられており聴く者を飽きさせません。
誰でも、夢見るような「Pen ter dai mai」を聴いた瞬間に彼女のファンになることでしょう。


Lanna Commins / Happy Trip (2006)

画像

ランナー・カミンズのフォーキーな第3作。
買った当初はデビュー作収録の「Wai jai dai kah (Sincere)」のような決定的名曲がないということもあって、それほど高い評価をしていませんでしたが、聴きこむに連れて味わいを増し、今では彼女の残した最高作と思っています。
味わい深い「Joang tar kub kwarm ngao」や何とも楽しい雰囲気が伝わってくる「Nhoom tai sao nuer」など聴き応え満点の名作。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

やはり、プレーオ嬢お持ちだったんですね。参りましたm(__)m

それに入ってるか分かんないですけど、「キットゥン・ナ」って曲が好きです。
えりん
2016/04/07 12:13
ルークトゥンにしてもタイポップスにしても、5枚選ぶというのは至難のワザですよね〜。タイポップスから選ぶなら、ワタクシであればブアチョンプー、テパパ、ラオンフォン、フォー・モッド、そしてプロイってところでしょうか。でも他にも色々とステキ盤がありますよね〜♪
ころん
2016/04/08 12:29
えりん 様

えりん 様

「キットゥン・ナ」は名曲ですね。
いつ聴いてもホンワカとした気分にさせてくれます。
残念ながら本作には収録されていませんが、彼女の2枚組ベスト「Forever Love Hits」の1曲目に入っていて愛聴しております。
おやぢ
2016/04/08 22:29
ころん 様

ブアチョンは手元に2枚しかなくてちょっと選びずらかったんですよねぇ。
つい先日、ブアチョン関連をまとめて3枚ゲット(未聴)できたので、その後だったら変わっていたかもしれません。
ラオンフォンは散々迷ったんですが今回は外しました。
タイ・ポップスはレベルが高いので選ぶのに苦労します。
おやぢ
2016/04/08 22:31
実は数年前、タイではないとある外国のとある施設で何故かタイのバラエティー番組が流れてまして、そこにプレーオがゲストで登場して「プン・チャ・ルー」を歌ってたんですけど、結局その時は誰だか分からず、サビの "〜〜チンチン♪" だけ覚えててずぅ〜っと気になってたんですが、数ヶ月前に偶然 YouTube で見つけてようやくCDを買うことが出来たんです。全然見つからないからマイナーな歌手なのかな?と思ってたんですけど、こんな大レーベルの歌姫だったとは…。でも、最初からおやぢ様に聞いてればもっと簡単に判明してたんでしょうね(笑)
えりん
2016/04/09 21:02
えりん 様

「プン・チャ・ルー」もいい曲ですよね〜。
サビの「チンチン」はメチャ印象的(笑)。
本作にも入っていますし、ベスト盤にも欠かせない1曲だと思います。
おやぢ
2016/04/10 12:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
無人島レコード 176〜180枚目 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる