音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無人島レコード 211〜215枚目

<<   作成日時 : 2016/06/01 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。



今回は英国フォーク・ロックの愛聴盤から5枚を。
このジャンルは奥が深くて、追求し始めたら泥沼のようですが、そこまでディープな作品は選んでおりません。
っていうか、持ってません(笑)。


Steeleye Span / All Around My Hat (1975)

画像

スティーライ・スパンの通算8作目。
ポップ化した本作を彼らの最高傑作に挙げるファンは皆無かも知れませんが大好きな1枚。
Hrad Time Of Old England」「All Around My Hat」の2曲を聴くだけでも価値ありの名盤です。
どこか南洋っぽさ感じさせる「Gamble Gold (Robin Hood) 」もチャーミングなナンバー。


Lindisfarne / Fogg On The The Tyne (1971)

画像

アラン・ハル率いるリンディスファーンの2作目。
ハルの野暮ったいヴォーカルが好きになれない御仁も多そうですが、それさえ乗り越えれば、1曲目の「Meet Me On The Corner」を聴いたとたんにリンディスファーンのファンになること請け合いの傑作アルバム。
日本での知名度は低い彼らですが、驚いたことにこのアルバム発表の2年後、73年に初来日を果たしています。


Jack The Lad / Jackpot (1976)

画像

リンディスファーンの分派、ジャック・ザ・ラッドの通算4枚目にして最終作となったアルバム。
彼らの残した作品は全部で4枚で、トラッド・ロック・ファンには1、2枚目が評価されているようですが、個人的にお気に入りなのが、一番イージーゴーイングで楽しいこの作品。
リンディスファーンのファン以外にはあまり知られていない連中だけど、ブリティッシュ・ロック好きには是非聴いてもらいたい1枚です。


Lazy Farmer / Lazy Farmer (1975)

画像

いやぁ、好きです、このほのぼの感。
程よいトラッド臭も堪りません。
レイジー・ファーマーはシンガー・ソングライターのウィズ・ジョーンズ率いるフォーク・ロック・バンド。
当時は、ドイツでのみでリリースされた入手困難盤だったようですが、今ではCDが簡単に手に入るようになったのは嬉しい限り、とここまで書いて念のためAmazonをチェックしたら既に廃盤のようでプレ値が(涙)。
う〜ん、残念。
是非、再CD化を。
YouTubeをチェックしたら、本作から「Love Song」がアップされていました。


Amazing Blondel / Evensong (1970)

画像

最後は、一時期ハマリにハマまっていたバンド、アメイジング・ブロンデルの2枚目のアルバム。
ブロンデルに改名、ポップ化した時期も含め、彼らの作品はどれも好きですが、やはりこのセカンド・アルバムが1番好きかな。
最高傑作には「England」を推すファンが多いと思いますが、個人的にはやはり単純にメロディが素晴らしい本作を本命としたいですね。
1曲目「Pavan」からラスト「Anthem」まで、彼ら独特の中世音楽とフォーク・ロックを融合した世界をたっぷりと楽しむことができます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
フォッグ・オン・タイン大好きです!ジャケットも渋い。レイジー・ファーマーは2〜3年前に、ようやく手にいれました。宝物なので、あまり聴いていません(苦笑)。ガーデン・シェッドはイングランドしか知りませんでした。
シュガー・シェイカー
2016/06/04 22:29
訂正!アメイジング・ブロンデルの方でしたね。ハズイ!
シュガー・シェイカー
2016/06/04 22:31
シュガー・シェイカー 様

「フォッグ・オン・タイン」はジャケ、内容とも文句なしの名盤ですよね。
レイジー・ファーマー、可哀想なのでもっと聴いてあげてください(笑)。
ガーデン・シェッドの方も名作ですよね。
売っちゃったけど(笑)。
おやぢ
2016/06/05 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
無人島レコード 211〜215枚目 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる