音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無人島レコード 301枚目

<<   作成日時 : 2017/08/16 22:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。



今回は、このアルバムを。


Lynyrd Skynyrd / Second Helping (1974)

画像

豪快なサウンドを売りにするがあまり、メロディが疎かになりがちなバンドも見られるサザン・ロック勢ですが、ブリティッシュ・ロックの影響も取り入れつつ、日本人好みのサウンドを提供し続けた稀有なバンドがレーナード・スキナードでした。
そんな傑作ぞろいの彼らのアルバムの中で最も好きなのがこのアルバム。
名曲「Free Bird」を収録したデビュー・アルバムやライヴ・バンドとしての実力をいかんなく発揮した「One More From the Road」も勿論素晴らしいのですが、最高傑作と言えばやっぱりこのセカンド・アルバムというファンも多いのではないでしょうか。
大ヒット曲「Sweet Home Alabama」に始まり、泣きのギターに心揺さぶられる「I Need You」、疾走感が心地よい「Don't Ask Me No Questions」、本作がまごうことなき名盤であることをこの冒頭の3曲が決定づけているといっても過言ではないでしょう。
それに加え、所属レーベルのMCAをおちょくった「Workin' For MCA」やタイトルは曲を表すといった態の痛快なアップ・チューン「Swamp Music」、J・J・ケイルの豪快なカバー「Call Me the Breeze」といったナンバーが並ぶのですからファンにはこたえられません。
レーナード聴くなら先ずはこのアルバムからでしょう。


Lynyrd Skynyrd - Don't Ask Me No Questions



Lynyrd Skynyrd - Swamp Music

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無人島レコード 301枚目 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる