音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ですが

<<   作成日時 : 2018/04/29 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

ラム・シン得意のモーラム歌手、インリー・シーチュムポンの全アルバム3枚がタイから到着。


画像 画像 画像


左:Ka Kaw Sao Lum Sing (2012)
中:Yinglee Srijoomphol/Vol.2 - Yoo Yen Pen Sode (2015)
右:Yinglee Srijoomphol/Vol.3 - Chewit Dee Dee (2017)



Yinglee Srijoomphol/Ka Kaw Sao Lum Sing

今更ながらインリーにハマっています。
国民的ヒットとなった「Kor jai ter laek bur tho(あなたの心と電話番号を交換してあげる)」はYouTubeの再生回数は現時点で2億回を軽く突破、内数十回は自分も貢献してるかな(笑)。
最近は、日本語訳付きのヴァージョンをよく見てます。
本作のその大ヒット曲「Kor jai ter laek bur tho」を収録した記念すべきデビュー・アルバム。
アルバム・タイトルを見ても分かるとおりラム・シン(アップテンポにチューンされたモーラム)を中心とした構成で、モーラムに疎い自分としてはやや腰の引くところもあるのですが、いざ聴いてみれば心配無用、ノリノリで楽しめます。
耳に馴染んだルークトゥンっぽいしっとり系バラードが数曲収録されているのも得点高いですね。

Yinglee Srijoomphol - Kor jai ter laek bur tho



Yinglee Srijoomphol/Vol.2 - Yoo Yen Pen Sode

デビュー作のあまりのヒット振りが影響したのか、3年間のブランクを経てリリースされたセカンド・アルバム。
モーラム色がやや後退し、全体的にポップな作りとなった印象のある1枚で、本国タイでは賛否両論あったんようですが、個人的には大好き。
「Fan Ninja」なんて日本を意識した曲もあったりして楽しいです。
イントロや合いの手にベンチャーズの日本趣味を連想させる琴っぽい音が入っていて思わずニヤリ。

Yinglee Srijoomphol - Kao jai trong kun na



Yinglee Srijoomphol/Vol.3 - Chewit Dee Dee

去年発売のサード・アルバム。
基本的には、セカンド・アルバムの路線を引き継ぐ仕上がりになっていると思いますが、各楽曲のポップ度はさらにアップ。
超ポップな3曲目「Chud chaw」とかは大ヒット曲「Kor jai ter laek bur tho」より好きかも。
続くルークトゥン調のバラード「Yark yoo nai aorm kord ter」も最高ですし、「Kor dee kue mai mee mia」も親しみやすいラム・シンで、この3曲の流れはアルバムの中でもハイライトといっていいかも知れません。
個人的には、今回の3枚の中で一番愛聴しそうな予感のある傑作アルバムです。

Yinglee Srijoomphol - Chud chaw



購入記録 eThaiCD 3枚で2813円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
遅〜い!
絶対、紹介されないかと思ってましたが、本当に今更(笑)ですけど、取り上げて下さって嬉しいです。

1stは歌謡モーラムが好きになるきっかけにもなった大好きなアルバムで、今でもキレッキレのモーラムナンバーだけ通して聴いて、最後にインリー作詞作曲の一番大好きな曲「インランラー」を聴いて締めてます。2ndだったら、これもインリー作の「ノーイチャイ プロ
I love you 」が一番ですかね。自分的には2ndの方がポップ過ぎる感があり(特に1曲目、ルークトゥンでさえないような…)、3rdの方が全体的に好きですね。

インリーは自分で作詞作曲もこなして、しかも、なんちゃってな感じじゃなく、プロの作曲家をも凌ぐ曲を作れてしまうから、タイの好きな歌手はいっぱいいるけど、アーティストとしてトータルで尊敬できてしまうのは彼女くらいですね。そろそろ、また1stみたいなラムシンアルバムを作って欲しいところですが。

インリー、病気してたみたいですけど、治って良かったですね。
いつか、タイフェス来ないかなぁ。
えりん
2018/05/02 11:55
そう言えば、今度の代々木のタイフェス、ピジカーとアーン・スラッティカーンが来ますよ〜。あと、お好きかどうか分かんないですけど、ダー・エンドルフィンも。ピジカーは今回で2回目ですけど、前回は彼女とバイトゥーイくらいしか興味なくて、ちょっとこの二人だけで東京までは…うーん、…て感じでパスしたんですけど、今回はダーも来るので絶対見に行きます。楽しみ〜!
えりん
2018/05/02 12:16
えりん 様

遅くなってスミマセン(笑)。
まぁ、モーラムにはちょっと苦手意識があるんで、勘弁してくださいね。
モーラムの女性歌手でシンガー・ソングライターというのは、珍しいのかな?
素晴らしい才能ですよね。
3rdはモーラム曲までもがポップな感じがしてハマってしまいました。
インリーが病気だったのは初耳。
治ったと聞いて安心しまた。
おやぢ
2018/05/03 13:11
>モーラムの女性歌手でシンガー・ソングライターというのは、珍しいのかな?

私もそんな詳しくはないんですけど、まぁ、サーオマートとかいることはいますが、ラムシンからポップルークトゥンまで、しかもヒットチューンまでも生み出せるのは他になかなかいないんじゃないですかね。これを機にラムシン好きになって下さいね〜。
えりん
2018/05/03 18:56
えりん 様

やっぱり希少な存在なんですね、インリーって。
これからも応援していきたいけど、ちゃんとCDが出るかどうか不安だなぁ。
他のラムシンも頑張ってチェックしていきます(笑)。
おやぢ
2018/05/05 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
今更ですが 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる