音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 隠れたカヴァー名盤

<<   作成日時 : 2018/05/12 12:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和歌謡を代表する名歌手、伊東ゆかりの55歳の時にリリースされた作品。


伊東ゆかり/Touch Me Lightly
CD 2002年


画像

1. 卒業写真
2. スカイレストラン
3. 瞳がほほえむから
4. 18才の彼
5. いい日旅立ち
6. どうぞこのまま
7. 百万本のバラ
8. セカンド・ラブ
9. ワインレッドの心
10. 純愛ラプソディ
11. 無縁坂
12. SWEET MEMORIES
13. TOUCH ME LIGHTLY (easy on the heart)
14. 瞳がほほえむから (featuring HitomI)



ジャジーなアレンジが洒落てる「卒業写真」に始まり、愛娘、宇美とのデュエット・ヴァージョン「瞳がほほえむから」で締めくくるJ-POPカヴァー・アルバム。
徳永英明の「VOCALIST」(2005年)が発売され、一大カヴァー・アルバム・ブームが巻き起こる前の作品ということで、当時はさほど注目されなかったようですが、内容は聴き応えのある好作品に仕上がっています。
メインはTV番組のエンディング曲に起用された「瞳がほほえむから」。
オリジナルの今井美樹ヴァージョンは個人的にも愛聴曲のひとつですが、ゆかりさんの落ち着いたアルト・ヴォイスは、この曲の新たな魅力を引き出しているように思われます。
また、ユーミン作品や丸山圭子の大ヒット曲「どうぞこのまま」は、想像通り相性がいいですし、クラシック調のアレンジでしっとりと聴かせる竹内まりやの「純愛ラプソディ」も出色の出来。
まりやさんがゆかりさんを子供のころから聴いていて、リスペクトしているというのはよく知られた話ですが、このお二人の声質はホントよく似ていますよね。
意外にも良かったのが「いい日旅立ち」。
名曲と言われるこの曲、個人的にはそれほど好きではないのですが、軽快なタッチのアレンジが中々新鮮です。
まぁ、本作の選曲については色々と意見があるようですが、どんな曲でも歌いこなせるゆかりさんのことですから、安心して聴ける1枚であるのは間違いはありません。


伊東ゆかり スカイレストラン


伊東ゆかり - 純愛ラプソディ



購入記録 ヤフオク 1380円(送料込み)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
隠れたカヴァー名盤 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる