こんなん買ってます

買ったままで紹介し損ねていたCDが何枚か溜まったので、まとめてご紹介します。
1枚1枚のコメントが短いので5段階評価(☆は0.5点)で星を付けてみました。まぁ、気分次第ということで、あまりあてにはなりませんが(笑)。


バターカップス&レインボウズ~ザ・ソングス・オブ・マッコウレイ&マクレオード
CD 2001年


画像

マッコウレイ=マクレオードが手がけた珠玉のポップ・チューン50曲を2枚のCDに詰め込んだ
コスト・パフォーマンス抜群のコンピ盤。
マーマレード、ピケティウィッチ、フライング・マシーンといった有名どころのアーティストのナンバー以外にもカール・ウェインの「ユア・ア・スター」やスウィート・コーン「キャッチ・ミー・キャッチ・ミー」などキラー・チューンが満載!
ブリティッシュ・ポップ好きには堪らない作品集ですね。
評価:★★★★
購入記録 2007/5/23 HMV 1724円


ニュー・ヴォードヴィル・バンド/ウィンチェスター・カテドラル
CD 2007年/オリジナル 66,67年


画像

ハーマンズ・ハーミッツやカーペンターズでヒットした「見つめあう恋」のソング・ライター、ジェフ・スティーヴンス率いるニュー・ヴォードヴィル・バンドのコンピ盤。
1920年代のポピュラー・ミュージックのスタイルを取り入れたというナンバーの数々が郷愁をかりたてます。ジャネット・クラインなんかもそうだけど、この手のオールド・タイミーなアーティストって無条件に好きなんだよねぇ。
評価:★★★★☆
購入記録 2007/5/6 Amazon 2340円


ジプシー・キングス/ルーツ
CD 2004年


画像

あのジプキンがフラメンコ・ルーツに立ち戻ることを目指して制作した、オリジナル・アルバム。
正直、ちょっと原点に戻りすぎなんじゃないの?と思えるくらいディープなナンバーもあって、自分のようなもどきフラメンコ・ファンにとっては少々つらいところも。
「コモ・シエント・ジョ」や「ブギー」、「タンパ」のようないつものジプキン節がやっぱり好き!
評価:★★★☆
購入記録 2007/5/15 Amazon MP 1250円(送料込)


ウルバンバ/ウルバンバの魂
CD ?/オリジナル 74年


画像

ロス・インカスがポール・サイモンのプロデュースのもと、ウルバンバ名義でリリースした名盤中の名盤。
メンバーはホルヘ・ミルチベルグ、ウニャ・ラモス、ホルヘ・クンボ、ホァン・ダレーラときたら悪かろうはずがありません。
このアルバムが嫌いなフォルクローレ・ファンってあんまりいないんじゃない?
評価:★★★★★
購入記録 2007/5/30 マチュピチュ 2000円


カレイドスコープ/ダイヴ・イントゥ・イエスタデイ
CD 96年/オリジナル 67~69年


画像

もりたんさんのブログでも紹介されていた、英国のサイケ・ポップ・バンド(デヴィッド・リンドレーの居た米国のカレイドスコープもなかなか面白いサウンドでしたが)のコンピ盤。
ファースト・アルバムから7曲、セカンド・アルバムから全曲を収録していて彼らのほぼ全容がこの1枚で分かるのがいい。
また、この手のバンドにしてはヴォーカルがしっかりしていて、全体的に端正な感じがするのが特徴。
同じメロディの繰り返しなのに、聴き進むにつれ引き込まれていってしまう「スカイ・チルドレン」は名曲。
評価:★★★★
購入記録 2007/6/14 HMV 1292円


マージービーツ/アイ・シンク・オブ・ユー 
CD 2002年/オリジナル 63~65年


画像

マージービート勢の中では最もイケメン(笑)といわれたマージービーツの全レコーディング曲を収録したコンピ盤。
アルバム・タイトルにもなったは「アイ・シンク・オブ・ユー」は名曲だけど、他のナンバーは平均点といったところか。まぁ、悪くはないですけどね。
評価:★★★
購入記録 2007/6/14 HMV 2118円


オアシス/オアシス
CD 95年/オリジナル 84年


画像

ピーター・スケラーンがメリー・ホプキンを招いて結成したオアシス唯一の作品。
ピーターのジェントルな歌声もメリーの可憐なヴォーカルも悪くはないんだけど、これといった中心となる曲がない上に、クラシックのチェロ奏者がメンバーに入っているせいか、やたら演奏部分が冗長で、二人のヴォーカルが素直に楽しめないのが難点。
まぁ、メリーの熱烈なファンであればそれなりに楽しめる作品といったところでしょうか。
評価:★★☆
購入記録 2007/6/23 ヤフオク 1600円

この記事へのコメント

もりたん
2007年07月06日 12:30
おやぢさん、こんにちは!
カレイドスコープの「スカイ・チルドレン」、すごく良い曲ですよね☆彡
繰り返されるフレーズがアタマから離れられません(^^ゞ
それにしてもおやぢさん、幅広く聴いてますね!
ニュー・ヴォードヴィル・バンドっていうのがこの中では特に惹かれます☆彡
2007年07月07日 22:04
もりたん様

こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。

>それにしてもおやぢさん、幅広く聴いてますね!
もう、嫌いなジャンルってないんで困ったもんです(笑)。
でも、一応自分的には「グッド・ミュージック」っていう
枠組みはあるんですけどねぇ。

>ニュー・ヴォードヴィル・バンドっていうのがこの中では特に
惹かれます☆彡
中々いいアルバムですよ!SP風の音づくりも楽しいですし。


この記事へのトラックバック

  • カレイドスコープ(UK)の編集盤

    Excerpt: 今日のジャケ画は、 Kaleidoscope 「Dive Into Yesterday」。 60年代UKサイケバンド「カレイドスコープ」の編集盤です。 (同時期、アメリカのほうにも同名の.. Weblog: 昔の洋楽が好きなのでつ(^^) racked: 2007-07-06 12:27