チャイルド・ソング

よくおジャマさせていただいている、シャケさんのブログでサイモン姉妹の子供向けアルバムが紹介されていました。
シャケさんがおっしゃられているとおり、チャイルド・ソング集って大人が聴いても十分楽しめる作品が多いんですよね。
そんな子供向けのアルバムの中でもお薦めしたいのがマリア・マルダーのこの↓アルバム。


Maria Muldaur / On the Sunny Side
CD 90年


画像

1.Would You Like To Swing On A Star?
2.Story Book Ball, The
3.Cooking Breakfast For The Ones I Love
4.On The Sunny Side Of The Street
5.Never Swat A Fly
6.Melancholy Baby
7.Put On A Happy Face
8.Circus Song, The
9.Side By Side
10.Mocking Bird Hill
11.Coat Of Many Colors
12.Prairie Lullabye
13.Dream A Little Dream


こちらから試聴できます。

マリア姐さんは子供向けに良質な音楽を数多くリリースしている米国のレーベル、ミュージック・フォー・リトル・ピープルから何枚かのアルバムをリリースしていますが、これはその第1弾(たぶん)。
1930~50年代の古き良き時代の名曲をちびっ子コーラス隊と唄った、最高にハッピーなアルバムで、バックは長きにわたる盟友デヴィッド・グリスマン率いる”THE SWING ON A STAR BAND”が好サポートしています。
また、姐さんの愛娘ジェニー・マルダーも「Coat Of Many Colors」で母親似のキュートな歌声を聴かせてくれています。
ところで、このアルバムの冒頭を飾るナンバー「Would You Like To Swing On A Star?」はメチャクチャかわいくて大好きなナンバーなのですが、後日この↓名作映画の重要な部分で歌われているのを知り感激した記憶があります。


我が道を往く 1944年作品 
DVD 2005年


画像


1944年度のアカデミー賞を総なめ(作品賞・主演男優賞・助演男優賞・監督賞・脚色賞・原案賞・歌曲賞)したビング・クロスビー主演の名作。
この時代の映画って、ゆったりとしたストーリー展開の中に品のいいユーモアが溢れていてホントいいですね。
歌曲賞を受賞したことでも分かるとおり劇中の歌も素晴らしく、ビングの歌はもちろん、家出娘キャロル役のジーン・ヘザーの歌声(吹き替えじゃないよね?)もとてもキュートです。

以下ネタバレあり。注意!

「Would You Like To Swing On A Star?」はビング演じるオマリー神父が、教会の窮状を救うべく自作曲の「GOING MY WAY」を音楽出版社へ売り込みをするが失敗、気落ちしたオマリー神父と聖歌隊の子供たちが、演奏の場所をセッティングしてくれた親友のオペラ歌手ジャニーの所属する歌劇団の指揮者トマソにもう1曲と促されて歌うナンバー。
もう帰りかけていた音楽出版社の面々がそれを耳にして…、と物語はハッピーエンドに向かうわけですがこの場面は何度観てもいいなぁと思います。(ちょっとベタだけどそれがいいんです(笑)。)

この時代のDVDはブックオフの安売り棚で250円とかで見かけることが多いので、見かけたら是非!


この記事へのコメント

シャケ
2009年06月14日 00:38
おやぢさま
こんばんは、マリア・マルダーって実は聴いたことがなかったんです。
実に表情豊かなんですねぇ。カントリー・テイストも入ってるかな。
買ってみたくなりますね~、困った(笑)
『我が道を往く』も未見、ビング・クロスビーの歌も未聴、まだまだ知らないナァ(笑)失礼しました。
2009年06月14日 11:01
シャケ 様

コメントありがとうございます。

>カントリー・テイストも入ってるかな。
元々はジャグバンドで活躍していたので、カントリー的な要素もありますよね。

>買ってみたくなりますね~
ソロ・アルバムなら初期の2枚「オールド・タイム・レディ」「ドーナッツ・ショップのウェイトレス」がお薦めです。
でも、一番よく聴くのはこのミュージック・フォー・リトル・ピープルから出ている子供向けの企画アルバムだったりするんですけどね(笑)。

>『我が道を往く』も未見、ビング・クロスビーの歌も未聴…
『我が道を往く』はDVDが安く出ていると思うので見かけたら是非。
CDの方は大親友のローズマリー・クルーニーとデュエットしたアルバム「Fancy Meeting You Here」が好きでよく聴いています。
これは↓「Fancy~」以外からのメドレーですが、こんな感じの楽しい雰囲気が全編で味わえる素晴らしいアルバムです。
http://www.youtube.com/watch?v=6OmYFFbpaiU
bornin
2009年06月22日 05:29
このアルバムは私も持っています、このシリーズを1枚に編集したCDも出ています。「Music For Little People」も表記も面白いですね。「我が道を往く」も昔、テレビで見て感動しました。500円DVDで出ていますね。
2009年06月22日 21:24
bornin 様

こちらにもコメントありがとうございます。

>このシリーズを1枚に編集したCDも出ています。
それは見たことないですね~。
どんな選曲か興味深いですね。

>500円DVDで出ていますね。
この間もブックオフで105円で売られているのを見かけました(笑)。
続編の「聖メリーの鐘」も欲しいのですが、ワンコインDVDではまだ出ていないようですね。

この記事へのトラックバック

  • Maria Muldaur / Songs For The Young At Heart

    Excerpt: マリア・マルダーは、ファミリー向けのアルバムも何枚か出しています。 これは、それを編集したものです。 内容は、スタンダード・ナンバーや子供向けの曲などです、「雨に唄えば」、「サニー・サ.. Weblog: いままで聞いてきたもの racked: 2009-06-22 05:29