思い出の70sヒット・チャート 77

77年ビルボード誌年間チャート31位~40位からの紹介です。


1977年TOP100

31 Foreigner - Feels Like The First Time
32 Climax Blues Band - Couldn't Get It Right
33 Commodores - Easy
34 Jennifer Warnes - Right Time Of The Night
35 Natalie Cole - I've Got Love On My Mind
36 Manfred Mann's Earth Band - Blinded By The Light
37 Barry Manilow - Looks Like We Made It
38 Atlanta Rhythm Section - So In To You
39 Fleetwood Mac - Dreams
40 Jackson5 - Enjoy Yourself


アトランタ・リズム・セクションの「ソー・イン・トゥ・ユー」が38位。
ロイ・オービソンのバック・バンド、キャンディメンとアトランタを拠点に活動していたクラシックス・フォーのメンバーが合体し結成されたのがARS。
南部のグループらしからぬ洗練されたサウンドは今聴いてもかっこいいですね。


Atlanta Rhythm Section - So In To You



バリー・マニロウの「想い出のなかに」が37位。
75年の「哀しみのマンディ」、76年の「歌の贈りもの」に続き3年連続のナンバーワン・ヒットとなった名曲。
絶頂期のバリーの歌声はやはり素晴らしいです。


Barry Manilow - Looks Like We Made It



マンフレッド・マンの「光で目もくらみ」が36位。
ブルース・スプリングスティーンのデビュー・アルバムに収録され、シングル・カットもされたナンバーのカヴァー。
スプリングスティーンのオリジナル・ヴァージョンはあまり売れませんでしたが、アース・バンドが取り上げ、ナンバーワン・ヒットとなりました。
ポール・ジョーンズのヴォーカルはちょっとスプリングスティーンに似たところがありますね。


Manfred Mann's Earth Band - Blinded By The Light



ジェニファー・ウォーンズの「星影の散歩道」が34位。
4枚目のアルバム「ジェニファー・ウォーンズ」からシングル・カットされ、ジェニファー初のヒット曲となりました。Hot100では最高位第6位まで上昇。
彼女にはレナード・コーエンのカバー集「フェイマス・ブルー・レインコート」など晴らしいアルバムが多いのですが、特に、ジェニファー・ウォーレン名義でリリースされたアルバム「ジェニファー」は一度は聴いてもらいたい名盤です。


Jennifer Warnes - Right Time Of The Night



クライマックス・ブルース・バンドの「クドント・ゲット・イット・ライト」が32位。
これ、ほとんど初聴きですが、メチャクチャいいですね~。
元々は「クライマックス・シカゴ・ブルース・バンド」と名乗っていて、いかにもアメリカのバンドっぽいグループ名ですが、イギリス出身なんですってね。


Climax Blues Band-Couldnt Get it Right

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らいと
2010年03月07日 22:47
ボスは元マネージャーに訴えられてて、音楽活動できなくなってた頃でしたね。そんな事はつゆ知らず、「明日なき暴走」後は消えちゃったと思ってました。あの頃は情報少ないし。
ARSのロニーハモンドの声、LPを45回転で聞くとスティービーニックスになるってご存知ですか?DJが回転数まちがえてかけちゃった事からわかったんです。(曲は「イマジナリーラバー」)CD時代の今じゃまずありえない椿事でした。
マックには忘れられない思い出があります。来日したのは私が高校生の頃でしたが、武道館に行く途中、乗換駅で先生と遭遇!「どこへ行くー?」と詰問され、観念して正直に言うと、「ああ、私もそこ行くんだけど」。その先生はロック好きで色々とライブに行っているそうで、その時は見逃してもらえましたが、「一人で行くのはいかん」という事で、それからは引率されて行くようになりました。ハートのライブも先生と一緒でした。
2010年03月08日 21:14
らいと 様

>「明日なき暴走」後は消えちゃったと思ってました。
これからというときに3年間のブランクはホント痛かったでしょうね~。
でも、それを乗り越えて「闇に吠える街」という大傑作をモノにしてしまうのですから、ボスのロック魂はやっぱり素晴らしいですね。

>スティービーニックスになるってご存知ですか?
ワハハ、そうなんですか?初耳です!
しかし、よりによってスティービーの声になるとは…(笑)。

マックのエピソード、いいお話ですねぇ。
そう言えば、中学の頃、生徒が持ち寄ったドーナツ盤を授業中にかけさせてくれた先生がいたなぁ。
やっぱりロック好きだったんでしょうか(笑)。

この記事へのトラックバック