思い出の70sヒット・チャート 80

77年ビルボード誌年間チャート1位~10位からの紹介です。


1977年TOP100

1 Rod Stewart - Tonight's The Night
2 Andy Gibb - I Just Want To Be Your Everything
3 Emotions - Best Of My Love
4 Barbra Streisand - A Star Is Born
5 Hot - Angel In Your Arms
6 Kenny Nolan - I Like Dreamin'
7 Thelma Houston - Don't Leave Me This Way
8 Rita Coolidge - Higher And Higher
9 Alan O'day - Undercover Angel
10 Mary MacGregor - Torn Between Two Lovers


メアリー・マッグレガーの「過ぎし日の想い出」が10位。
この曲のヒットで一躍人気歌手の仲間入りしたメアリーですが、彼女自身大嫌いな曲と発言しているのは有名な話ですね。
まぁ、忙しくなりすぎて、最愛の夫とも別居、ついには離婚ということになってしまったのですから、気持ちは分かりますが、名曲であることに変わりはありません。
この曲を含むデビュー・アルバムはもちろん、名盤「幸福はかげろうのように」すらCD化されていないのは残念でなりません。


Mary MacGregor - Torn Between Two Lovers



アラン・オディの「アンダーカバー・エンジェル」が9位。
ソング・ライターとしてもライチャス・ブラザーズの「ロックン・ロール天国」やヘレン・レディの「アンジー・ベイビー」などを手がけたアランが放った全米ナンバーワン・ヒット。
今では山下達郎さんのパートナーとして英作詞を提供しているおっさんといった方が分かりやすいかな?


Alan O'day - Undercover Angel



リタ・クーリッジの「ハイヤー・アンド・ハイヤー」が8位。
デルタ・レディと言われた初期の面影はもうありませんが、AORを歌うリタも悪くはありません。
惜しくも最高位第2位に止まりましたが、リタ自身最大のヒット曲となりました。


Rita Coolidge - Higher And Higher



ホットの「やさしい天使」が5位。
一発屋として知られるホットのデビュー曲にして最高位第6位まで上昇した大ヒット曲。
スリー・ディグリーズに共通するような、あまり黒人臭を強く感じさせない3人の歌声は日本でも受けそうな感じですが、それ程ヒットしませんでした。
同じ年に大ヒットしていたキャンディーズの「やさしい悪魔」をパクッたような邦題が良くなかった?
個人的には大好きな曲なんですけどねぇ。


Hot - Angel In Your Arms



77年の年間第1位はロッド・スチュワートの「今夜きめよう」。
アルバム「ナイト・オン・ザ・タウン 」からシングル・カットされ、7週連続で1位を独走したロッド最大のヒット曲です。


Rod Stewart - Tonight's The Night




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らいと
2010年04月16日 22:02
「今夜きめよう」ほんとにくどいぐらいヒットしましたね~。同じ原題でもニールヤングの方は「今宵その夜」だったですね。
アンディギブ好きでした。ビージーズにはまだ兄弟がいたんかい!と驚いたのが懐かしい。でもいきなり売れたことで自分を見失っちゃった典型だったと思います。その若すぎる死に涙しました。
2010年04月17日 16:49
らいと 様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

>同じ原題でもニールヤングの方は「今宵その夜」だったですね。
同じ原題?お~っ、ホントだ!
今までぜんぜん気づきませんでした(笑)。
しかし、同じタイトルでここまで違うとは…。

>アンディギブ好きでした。
アンディはあまり興味なかったなぁ。
一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったけど、破産宣告した上に
心臓発作だなんて哀しすぎますね。

この記事へのトラックバック