思い出の70sヒット・チャート 85

78年ビルボード誌年間チャート51位~60位からの紹介です。


1978年TOP100

51 Atlanta Rhythm Section - Imaginary Lover
52 Bob Seger & Silver Bullet Band - Still The Same
53 Toby Beau - My Angel Baby
54 Trammps - Disco Inferno
55 George Benson - On Broadway
56 Styx - Come Sail Away
57 Player - This Time I'm In It For Love
58 L.T.D. - Back In Love Again
59 Carly Simon - You Belong To Me
60 Dolly Parton - Here You Come Again


ドリー・パートンの「愛のほほえみ」が60位。
バリー・マン&シンシア・ワイルの名曲。
カントリー・チャートでは数え切れないヒット曲を持つドリーですが、この曲はHot100でも3位まで上昇する大ヒットとなりました。
また、ドリーはこの曲のヒットで78年度グラミー賞の最優秀カントリー女性歌手賞を獲得しました。


Dolly Parton - Here You Come Again



カーリー・サイモンの「ユー・ビロング・トゥ・ミー」が59位。
カーリーとマイケル・マクドナルドの共作で、もちろんドゥービー・ブラザーズも演っていますが、このカーリーのヴァージョンの方が好きです。


Carly Simon - You Belong To Me



スティクスの「永遠への航海」が56位。
「憧れのレイディ」から3年、久しぶりのトップ10ヒット。
スティクスはこれ以降80年代初頭までヒットを連発し、人気バンドとなりましたが、典型的な「産業ロック」として批判受けるようにもなりました。
個人的には、どちらかというと初期のスティクスが好きで、アルバムも持っていましたが、この曲はやはりよく出来ていると思います。


Styx - Come Sail Away



ボブ・シーガーの「裏切りのゲーム」が52位。
最高位4位と、前年の「ナイト・ムーブス」に続く大ヒット曲となりました。
やっぱり、苦労人ボブ・シーガーのヴォーカルはカッコいい!


Bob Seger & Silver Bullet Band - Still The Same



アトランタ・リズム・セクションの「イマジナリー・ラバー」が51位。
大ヒットした「ソー・イン・トゥ・ユー」同様、南部のグループらしからぬ洗練されたサウンドは、サザン・ロック・ファンならずとも多くの人に聴いてもらいたいですね。


Atlanta Rhythm Section - Imaginary Lover

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シャケ
2010年05月23日 08:26
おやぢ様
こんにちは。いつもカーリー・ネタで割り込んでスミマセン(笑)
ドゥービーの「ユー・ビロング...」も買って聴いた事がありましたが、
なぜか魅力を感じなかった記憶があります。
アップされてるカーリーの動画は、数年前の豪華客船ライヴのものですが、
このころからノドが嗄れてしまっていて、ファンとしては少し残念でした。
機会あれば'90年代「grand central」ライヴがおすすめ。
よくYoutubeに出回っている海岸ライヴより洗練されています。ただ、
VHSオンリーです。
らいと
2010年05月23日 21:42
産業ロック。誰が言い出したんでしたっけ?
この頃から路線変更する人たちが増えてきましたよね。時代のニーズ、生きていくためには仕方ないことだと今はわかるけれど、当時の私は、あ、あれ?あれれれれ?だったですよ。
シカゴもジャーニーも初期は好きだったのに、ドゥービーもなんか洗練されちゃうし(誰の影響かはわかってるけど)。スターシップなんて名前まで変えくさって。エアプレイン好きだったのになあ~。
でもチャートに上ると嬉しかったりする複雑な気持ちのファンでした。
2010年05月23日 22:04
シャケ 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>ノドが嗄れてしまっていて、ファンとしては少し残念でした。
確かに少し声が荒れてる感じはしますが、それが逆に魅力的にも思えたりします。
JTやキャロル・キングのように、年輪に裏打ちされた説得力と言うんでしょうか、そんなものがこの映像のカーリーにも感じられるような気がします。
でも、シャケさんのように昔から熱心にカーリーを聴かれている方から見ると、声の衰えが気になるって言うのもよくわかります。
2010年05月23日 22:28
らいと 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

産業ロック。誰が言い出したんでしたっけ?
>wikiによると渋谷陽一センセイが初めて使ったってことですが、全然覚えてないなぁ(笑)。

>スターシップなんて名前まで変えくさって。エアプレイン好きだったのになあ~。
確かにスターシップになってからは全く聴く気はしませんでしたね~。
でも、同じ産業ロック呼ばわりされた中でもREOスピードワゴンなんかは結構好きだったし、ハートは後期も大好きだったし、まぁ、勝手なモンですね(笑)。

この記事へのトラックバック