思い出の70sヒット・チャート 92

79年ビルボード誌年間チャート81位~90位からの紹介です。


1979年TOP100

81 Electric Light Orchestra - Don't Bring Me Down
82 Eric Clapton - Promises
83 Roger Voudouris - Get Used To It
84 Ambrosia - How Much I Feel
85 Eddie Rabbitt - Suspicions
86 Rex Smith - You Take My Breath Away
87 Alice Cooper - How You Gonna See Me Now
88 Foreigner - Double Vision
89 Babys - Every Time I Think Of You
90 Instant Funk - I Got My Mind Made Up


ベイビーズの「ときめきの彼方へ」が89位。
ベイビーズというとB級アイドル・バンドの印象が強いけど、後に活躍するジョン・ウェイト、ジョナサン・ケインを排出した実力派バンドでもありました。


Babys - Every Time I Think Of You



フォリナーの「ダブル・ビジョン」が88位。
これは結構好きでした。
産業ロックだからってバカにすんなよ(笑)。


Foreigner - Double Vision



レックス・スミスの「初恋のときめき」が86位。
この人のことは全く覚えていなくて、この曲だけの一発屋かと思いましたが、81年にレイチェル・スウィート!とデュエットした「エバーラスティング・ラヴ」がそこそこヒット(トップ40止まり)しているようです。


Rex Smith - You Take My Breath Away



アンブロージアの「お前に夢中」が84位。
70年代前半にロス出身としては珍しいプログレ・バンドとしてスタートとしたアンブロージア。
日本での知名度はほとんどありませんが、徐々にAOR化し、翌80年にも「Biggest Part Of Me」で大ヒット(最高位
第3位)を飛ばしています。


Ambrosia - How Much I Feel



エリック・クラプトンの「プロミセス」が82位。
今でも大好きなナンバー。
アルバム「バックレス」からのシングル・カットで最高位9位と見事トップ10ヒットを記録しました。
印象的なバック・コーラスはイヴォンヌ・エリマンと共に70年代のクラプトンを支えたマーシー・レヴィです。


Eric Clapton - Promises



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック