思い出の70sヒット・チャート 93

79年ビルボード誌年間チャート71位~80位からの紹介です。


1979年TOP100

71 Electric Light Orchestra - Shine A Little Love
72 Anne Murray - I Just Fall In Love Again
73 Ian Matthews - Shake It
74 Kiss - I Was Made For Lovin' You
75 Gino Vannelli - I Just Wanna Stop
76 GQ - Disco Nights
77 Linda Ronstadt - Ooh Baby Baby
78 Earth. Wind & Fire - September
79 Al Stewart - Time Passages
80 Herb Alpert - Rise


ハーブ・アルパートの「ライズ」が80位。
ハーブといえば、日本では何はなくとも「ビター・スウィート・サンバ」ですが、こんなのも演ってたんですね。
個人的にハーブに求める音楽性とはかなりかけ離れていてガッカリ。


Herb Alpert - Rise



アル・スチュアートの「タイム・パッセージ」が79位。
世界的大ヒットとなった「イヤー・オブ・キャット」に続いてリリースされたアルバム「タイム・パッセージ」のタイトル曲。
昔は「イヤー・オブ・キャット」を含めRCA移籍後の作品はあまり肯定的に見ていませんでしたが、今では決して悪くないと思うようになりました。
アルの唯一無二のヘナチョコ・ヴォーカル(笑)はやっぱりステキです。


Al Stewart - Time Passages



キッスの「ラヴィン・ユー・ベイビー」が74位。
これは当時洋楽を聴いていた人なら一度は聴いたことのあるヒット・ナンバーですね。
全然キッス・ファンじゃない自分でも知っていました。


Kiss - I Was Made For Lovin' You



イアン・マシューズの「シェイク・イット」が73位。
イアンとの最初の出会いはマシューズ・サザン・コムフォートの「ウッドストック」でした。
「シェイク・イット」が出たときはあまりのポップ化に驚きましたが、今聴いても色あせない素晴らしいポップ・チューンだと思います。


Ian Matthews - Shake It



アン・マレーの「思い出にさようなら」が72位。
思わず涙がこみ上げてくる名曲。
アンのアルト・ヴォイスは永遠です!


Anne Murray - I Just Fall In Love Again




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック