思い出の70sヒット・チャート 97

79年ビルボード誌年間チャート31位~40位からの紹介です。


1979年TOP100

31 Peaches & Herb - Shake Your Groove Thing
32 Dionne Warwick - I'll Never Love This Way Again
33 Bee Gees - Love You Inside Out
34 Cheap Trick - I Want You To Want Me
35 Barbra Streisand - Main Event/Fight
36 Elton John - Mama Can't Buy You Love
37 Leif Garrett - I Was Made For Dancin'
38 Earth. Wind & Fire - After The Love Has Gone
39 Donna Summer With Brooklyn Dreams - Heaven Knows
40 Kenny Rogers - The Gambler


ケニー・ロジャースの「ギャンブラー」が40位。
ケニーの大ファンというわけではないのですが、この曲は結構好きで、今は手元にありませんがこの曲を収録したアルバムも買いました。


Kenny Rogers - The Gambler



ドナ・サマーの「ヘブン・ノウズ」が39位。
ディスコ・クイーン、ドナ・サマーがブルックリン・ドリームスとの共演名義でリリースしたナンバー。
最高位4位まで上昇する大ヒットとなりました。


Donna Summer With Brooklyn Dreams - Heaven Knows



エルトン・ジョンの「キャント・バイ・ユー・ラヴ」
久しぶりのトップ10ヒット(最高位9位)となった名曲。
79年というと個人的にはエルトンへの興味をほとんどなくしていた時期ですが、今聴き直してみるとかなりいい曲ですね。


Elton John - Mama Can't Buy You Love



バーブラ・ストライサンドの「メイン・イベント/ファイト」が35位。
ライアン・オニールと共演したコメディ映画「メーン・イベント」のテーマ曲。
時代を反映したディスコ調のナンバーですが、さすがバーブラ、そつなく歌いこなしています。
映画自体はあまり面白くありませんでしたけど。


Barbra Streisand - Main Event/Fight



ディオンヌ・ワーウィックの「涙の別れ道」が32位。
バリー・マニロウがプロデュースを手がけた素晴らしいバラード・チューン。
ディオンヌには素晴らしい曲が多いのですが、彼女ってなんか顔がコワイんですよね~。
というくだらない理由でアルバム1枚も持ってません(笑)。


Dionne Warwick - I'll Never Love This Way Again

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シャケ
2010年08月15日 18:26
おやぢ様
こんにちは。

>彼女ってなんか顔がコワイんですよね~。
アッハッハ、これには思わず笑わせていただきましたよ。
目が吊りあがってるから? 僕は1枚だけベスト持ってます。
こんなに歌うまいのに、クスリで捕まっちゃうんですよね。

バーブラは、リンダ・ロンシュタット同様、歌が立ち過ぎて
すごく好きとまではいきませんが、いくつか好きな曲があります
「エバーグリーン」「ピープル」とか。この映画は知らないなぁ。
しかし、絢爛たるチャートですねぇ。
2010年08月16日 20:40
シャケ 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

>目が吊りあがってるから?
なんか噛みつかれそうでコワイんですよ~(笑)。
でも歌は最高ですよね。

>バーブラは、リンダ・ロンシュタット同様、歌が立ち過ぎて…
う~ん、言えてますねぇ。
特にリンダはそんな感じが強いですねぇ。
まぁ、嫌いではないんですけど…。

>この映画は知らないなぁ。
全くボクサーらしくない体型のライアン・オニールに苦笑させられる迷作です。ペーパー・ムーンのライアンは大好きなんですけどね~。

この記事へのトラックバック