思い出の70sヒット・チャート 99

79年ビルボード誌年間チャート11位~20位からの紹介です。


1979年TOP100

11 Bee Gees - Too Much Heaven
12 Donna Summer - MacArthur Park
13 Dr. Hook - When You're In Love With A Beautiful Woman
14 David Naughton - Makin' It
15 Pointer Sisters - Fire
16 Bee Gees - Tragedy
17 Olivia Newton-John - Little More Love
18 Blondie - Heart Of Glass
19 Doobie Brothers - What A Fool Believes
20 Chic - Good Times


シックの「グッド・タイムス」が20位。
やっぱりシックはカッコいいですねぇ。どのベスト盤を買おうか検討中です。


Chic - Good Times



ブロンディの「ハート・オブ・グラス」が18位。
60年代ポップスのエッセンスも取り入れたブロンディのサウンドは結構好きで、「恋の平行線」や「恋のハートビート」といったアルバムは当時よく聴きました。
デビー・ハリーがホントはブロンドじゃなくて赤毛だって知ったときはちょっとズッコケましたけど(笑)。


Blondie - Heart Of Glass



ポインター・シスターズの「ファイア」が15位。
デビューの頃から比べるとまるで別のグループみたいにポップになったポインターズですが、これはこれで嫌いじゃありませんでした。


Pointer Sisters - Fire



ドクター・フックの「すてきな娘に出会ったら」が13位。
ホント、素晴らしいとしか言いようがないですね、ドクター・フックは。
「The Cover of the Rolling Stone」のヒットとルックスが災いしてキワモノ的な扱いを受けることもしばしばですが、実に愛らしい、いいバンドなんです。

Dr. Hook - When You're In Love With A Beautiful Woman


ベスト盤を買うならお手頃価格で重要曲をほぼ網羅したこれ↓がオススメ。自分も愛聴しております。

画像
Dr. Hook/Collection 2CD


ドナ・サマーの「マッカーサー・パーク」が12位。
何故か昔から大好きなドナ・サマー。
70年代、80年代、90年代、2000年代の全ての年代でビルボード・ダンス・チャートの№1を獲得したというのだからスゴイですね。
今年62歳になるドナですが現役バリバリで活躍しております。


Donna Summer - MacArthur Park




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あきら
2010年09月04日 21:11
おやぢさんこんちは~
あきらです。
いや~私もガキの頃から洋楽派でしたが
流石にここまではと思ってましたら、
なんと!ほとんど聞いたことがありました。(;≧皿≦)
ちょっと感動です。
いや~古き良き時代を感じますねぇ~。
メロディアスなこと!
ところで
11月にオリビアニュートンジョンが来日するんですよね。
行きたいなぁ~
あきら
2010年09月05日 11:04
あきら様

>なんと!ほとんど聞いたことがありました。
個人的には、70年代後半はほとんどチャートへの興味も失っていましたが、さすがにTOP20となると知ってる曲が多いですね。
昔はそれだけ洋楽も街でよく流れていたって事でしょうか。

>メロディアスなこと!
ごくたまにTVKの「Billboard TOP40」を見ることがありますが、メロディがいいなぁと思う曲に出くわすことはまずありませんね。たいてい5分位でチャンネルを回してしまいます。

>11月にオリビアニュートンジョンが来日するんですよね。
オリビアも今年で62歳だけど、まだまだ元気のようですね。
blueswave
2010年09月11日 21:28
ごぶさたをばいたしました! このころになると私の好きな曲などなかなかないだろう、と最近はあまりのぞきにきていません。今回のDr.Hookに目が止まって聞かせていただきました。いいですねぇ。とてもしゃれていると思いました。昔、ドクター・フックとメディスン・ショーとかいうグループ名で記憶にありますが、この映像はちがうのでしょうか?
2010年09月11日 22:15
blueswave様

コメントありがとうございます。
ドクター・フックいいですよねぇ。
デビュー当初はドクター・フックとメディスン・ショーと名乗っていましたが、いつの間にかメディスン・ショーがなくなっていました(笑)。
機会があったらCDも聴いてみてください。いい曲ばっかりですよ~。

来週から70年代を別角度から見た新企画をスタートさせますので、よろしかったらまたお寄りくださいね。


blueswave
2010年09月12日 12:19
別角度? どんな角度か気になりますね。
今夜からBSハイビジョンで5夜連続で「伝説のロックギタリスト」特集があります。楽しみです。
blueswave
2010年09月12日 12:25
Chic~これは初めて聞きました。これまた洗練された楽しさがありますね。曲はシスター・スレッジの「ウィ・アー・ファミリー」に良く似ていますね。
2010年09月12日 13:56
blueswave様

こんにちは。

>どんな角度か気になりますね。
あまり期待されても困りますが(笑)、自分の原点である70年代の洋楽について引き続き書いていきたいと思ってます。

>5夜連続で「伝説のロックギタリスト」特集があります。
3大ギタリストやB.B.キング、チャック・ベリー、ジミヘンあたりをやるみたいですね。
以前、私的オールタイム・グレイテスト・ギタリスト・ベスト10をこのブログで選んだことがありますが、そのときはライ・クーダーを1位にしました。
http://nusiclife.at.webry.info/200711/article_5.html

>シスター・スレッジの「ウィ・アー・ファミリー」に良く似ていますね。
あっ、ホントだ!気がつかなかったけどパターンはそっくりですね。
シックの方がちょっとオシャレかな。

この記事へのトラックバック