思い出の70sヒット・チャート UK編 9

78年の英国年間チャート上位10曲です。

1位 Rivers Of Babylon / Boney M.
2位 You're The One That I Want / John Travolta & Olivia Newton-John
3位 Summer Nights / John Travolta & Olivia Newton-John
4位 Three Times A Lady / Commodores
5位 Smurf Song / Father Abraham
6位 Night Fever / Bee Gees
7位 ABBA / Take A Chance On Me
8位 Matchstalk Men And Matchstalk Cats And Dogs / Brian & Michael
9位 Rat Trap / Boomtown Rats
10位 Dreadlock Holiday / 10cc



10位は10ccの「トロピカル・ラヴ」。
ゴドレイ&クレーム脱退後の10ccは、熱心なファンの間では決して評価は高くありませんが、個人的には嫌いじゃないんですよねぇ。
この曲も以前のような毒気が抜けて単なるポップ・レゲエじゃん、という批判は当たってなくもありませんが、ポップス好きの自分としては全然OKの名曲です。
ビルボード年間チャート44位


10cc - Dreadlock Holiday



9位はブームタウン・ラッツの「ラット・トラップ」。
実はブームタウン・ラッツってまともに聴いたことがありません。
知ってるのは翌年に大ヒットする「哀愁のマンデイ」位でしょうか。
この曲も初めて聴きましたが、結構面白いですね。


Boomtown Rats - Rat Trap



8位はブライアン&マイケルの「Matchstalk Men And Matchstalk Cats And Dogs」。
訳すと「マッチ棒みたいに細長い男と猫と犬」ということのようですが、なんのこっちゃ(笑)。
曲も歌手も初聴きですが、いかにも英国人らしい洒落っ気のあるフォーク・チューンで大いに気に入りました。
子供向けの番組で人気が出たのかな?


Brian & Michael - Matchstalk Men and Matchstalk Cats and Dogs



7位はABBAの「テイク・ア・チャンス」。
まだまだABBA人気は健在でビルボードでも年間チャートの32位にランクされました。
ABBAの中でも結構好きな曲です。


ABBA - Take A Chance On Me



ビージーズの「恋のナイト・フィーバー」が6位、。
この時期のビージーズは嫌いです。以上(笑)。

5位は、ファーザー・エイブラハムの「Smurf Song」。
これも初めて聴いた曲。
スマーフとはベルギーの漫画家、ピエール・クリフォールのコミックスに登場する架空の種族のことだそうで、当時ヨーロッパでは大人気だったようです。
曲も楽しくて良いですね。


Father - Abraham Smurf song



4位はコモドアーズの「永遠の人に捧げる歌」。
コモドアーズ・ファンならずとも洋楽好きだったら一度は耳にしたことがあるでしょう。
名曲中の名曲ですね。
ビルボード年間チャート10位。


Commodores - Three Times A Lady



TOP3です。

トラボルタとオリヴィアの映画「グリース」からの2曲が2位、3位を独占。
イギリスでもこんなにヒットしてたんですねぇ。
どちらも大嫌いなので、割愛させていただきます(笑)。

78年の年間第1位はボニーMの「バビロンの河」。
も~、これは大好きな曲。
もちろんレゲエの名曲(メロディアンズ)のカヴァーなわけですが、どのヴァージョンよりボニーMのものが一番好き。
カップリング曲「粟色の髪の少女」も傑作。
この2曲が両A面だったなんて最高のシングルですね。


Boney M. - Rivers of Babylon



Boney M. - Brown Girl In the Ring


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くるたんパパ
2012年08月31日 05:19
1978年というとど真ん中ですね。
貪るようにいろんな音楽を聴いたものです。

そして翌年には初代SONYのウォークマンが発売になりますから、さらに音楽を手軽に聴けるようになりました。

第10位の10CCが一番印象に残っていますね。
この年はどちらかというとウエストコーストRockをよく聴いていた年でした。
ボニーMの「バビロンの河」なつかしい!!
2012年08月31日 21:32
くるたんパパ 様

>翌年には初代SONYのウォークマンが発売になりますから…
ウォークマンって79年でしたか。
懐かしいですよね~、カセットのウォークマン。
よくあんなにでかい物を持ち歩いていたなぁ(笑)。

>第10位の10CCが一番印象に残っていますね。
日本ではさほどヒットしませんでしたが、10CCの名曲のひとつだと思います。

>ボニーMの「バビロンの河」なつかしい!!
ボニーMはなぜか昔から大好き。今でもよく聴いてます。

この記事へのトラックバック