懐かしのシングル・レコード

ジプシー
ジプシー・クイーン C/W 明日への願い


画像 画像


71年1~2月のヒット曲、と言っても日本のラジオ・チャートではベスト10にも入っていなかったと思いますので、覚えていない人も多いでしょう。
スリーブの解説は福田一郎先生。
「ジプシーのサウンドは、カントリー・ロックのカテゴリーに入ってしまうかもしれない。しかし、彼らがつくりだしている音楽は、そうしたカテゴリーを超越して、もっとも今日的な若者たちの音楽、いうなればナウ・ロックとでも呼ぶべきで
あるとおもうのである。」
う~ん、ナウ・ロックって(笑)。
当時の解説って、今読み返すと結構恥ずかしいものがありますよね~。


Gypsy - Gypsy Queen-part 1

冒頭のハーモニーが印象的。カントリー・ロック、ではないよね。



Gypsy - Tomorrow Is The Last To Be Heard

このB面のあまりのカッコよさにはブッ飛びました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヒロシ
2020年09月05日 00:28
中学生の時に聞いたジプシーの「明日への願い(Tomorrow is the last to be heard)」という曲を永く探していました。バンド名は覚えていたものの曲名(邦題とも)は忘れてしまっており、自分でメロディを諳んじるほど音楽才能はないため、youtubeであれこれ探してはいたのですが見つからず・・・を繰り返していたところ、偶然にも「おやぢさん」のサイトに辿り着き、見覚えのあるレコードジャケット(ミュシャのデザイン、確かにこの色彩です!)を見つけることができました。おかげで曲名(B面だったんですね)も分かり、本当にありがとうございます。記:2020年9月4日
おやぢ
2020年09月05日 14:15
コメントありがとうございます。
過疎ブログの拙い記事ですが、お役に立てて嬉しいです!!
70年代の洋楽ってやっぱり素晴らしいですよね。

この記事へのトラックバック