音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ その3

<<   作成日時 : 2018/08/18 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ウルトラ・ヴァイヴの名盤1000円シリーズから何枚かゲットしました。
2520円の既発売盤に1000円シリーズの帯を被せての大幅値下げとなっています。

キャンディ・レイ/そよ風の妖精
CD 2018年


画像

1. 恋=?
2. 初恋のメルヘン
3. 初恋の風車
4. 潮風のメロディー
5. 涙のさざなみ
6. ラヴは横文字
7. ユラユラ恋人募集中!
8. 海辺のラヴ・ソング
9. ただいま思春期
10. 川のほとりで
11. 恋の折鶴
12. ラヴ・アタック



78年に台湾から来日・デビュー。
シングル2枚と、それらを含むアルバム1枚を残して帰国。
残念ながら、日本での成功を収めることは出来なかったキャンディですが、日本語の発音はアグネス・チャンあたりよりはずっと上手で、カタコト歌謡といった雰囲気は全然ありません。
もちろん歌唱力もアグネスよりずっと上で、ルックスだって悪くないと思うのですが、ほとんど売れず、必然的にTVなどへの露出も少なかったようです。
ということで、リアルタイムで彼女の歌を聴いた記憶はありません。
まぁ、日本のアイドル・ファンって、下手くそで頼りなかったアイドルが、徐々に成長していく過程を楽しむといった人も多いので、最初から完成されているキャンディのようなアイドルが無視されてしまったのは、ある意味必然だったかも。
和の情緒漂う歌謡ポップス「恋の折鶴」や「川のほとりで」なんかは最高だし、セカンド・シングル「恋=?(こいはハテナ・マーク)」のB面で、イントロのメロがユーミンの「ベルベット・イースター」に似ている「海辺のラヴ・ソング」、爽やかな色香漂う「ただいま思春期」あたりも素晴らしいんですけどね。
これほどの実力派アイドルが成果を残せず帰国してしまったのは実に残念ですが、40年を経た今、当時は名前すら知らなかった彼女の歌をこうして楽しむことが出来るというのも中々乙なものかも知れませんね。


購入記録 芽瑠璃堂 940円(ポイント使用・送料無料)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
キャンディ・レイ、全然知らない歌手ですが、堤大二郎と同じレコード会社(Solid Records)だそうです。
大二郎さんのアルバムのブックレットの最後のページに、工藤夕貴のアルバムと一緒に、キャンディ・レイ『そよ風の妖精』の広告が出てました。

> 日本語の発音はアグネス・チャンあたりよりはずっと上手で、カタコト歌謡といった雰囲気は全然ありません。
外国人タレントは、日本語が下手くそな方が売れますよね。アグネスさんもボビー・オロゴンも、ワザと下手くそな日本語を喋っているそうです。

> 日本のアイドル・ファンって、下手くそで頼りなかったアイドルが、徐々に成長していく過程を楽しむといった人も多い
クリス松村の新書の冒頭に、そのようなことが書かれてあったので、違和感を覚えました。
アイドルの「成長過程を楽しむ」なんてバーチャル・オカンみたいな応援自体、その新書で初めて知りましたよ。高校野球⇒プロ野球選手、フィギュアスケート選手じゃあるまいし。

わたしのなかではアイドル=「歌が下手くそで、若くて可愛いだけが売り」と言うイメージしかないです。特に女性アイドルは歌唱力もルックス重視じゃないですか。(笑)

> 最初から完成されているキャンディのようなアイドルが無視されてしまった
あと、30年遅かったら・・・日本で売れてたかも?
K-POP アイドルたちは、デビュー当時から「完成された状態」ですよ。
azadi
2018/08/18 17:30
YouTube に許宇宇と言う中国人?の方が、70〜80年代のマイナーなアイドルの曲ばかり大量にアップしていて、
https://www.youtube.com/channel/UC_FWTjnQ9ln8REsO1LOg1UA/videos

そのなかには、全然知らない中国系アイドルたちの日本語曲まで多数アップされていました。みなアグネス・チャンに憧れて日本に進出?
残念ながら、キャンディ・レイの曲は無いみたいです。
azadi
2018/08/18 17:32
azadi 様

自分もキャンディ・レイは知りませんでしたが、Amazonの試聴で聴いたら中々良かったのでゲットしました。
アグネスはいまだにカタコトですよね。
わざとだとしたら中々の芸だと思います(笑)。
個人的には、「成長過程を楽しむ」といったアイドルの応援の仕方もありだと思っています。
百恵ちゃんなんかでも、最初はオーラもないし歌も上手くはなかったですから、応援していたファンは、成長過程を楽しめたんじゃないでしょうか。
K-POPアイドル、確かに完成度高いですね。
まぁ、デビュー前の訓練はハンパじゃないようなので、当然かもしれませんが、その分、画一的になってしまっているという部分もあるんじゃないかなぁ。
事務所もデビュー前に投資した分を取り返そうということで、労働環境は日本のアイドル以上に良くないみたいですしね。
おやぢ
2018/08/19 11:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ その3 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる