音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS UKレゲエの好盤

<<   作成日時 : 2018/09/16 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スティール・パルスの90年代の作品ってそれほど興味はなかったんですが、YouTubeでチェックしたら結構よかったので早速2枚程ゲットです。

Steel Pulse / Victims
CD 91年


画像

1. Taxi Driver
2. Can't Get You (Out Of My System)
3. Soul Of My Soul
4. Grab A Girlfriend
5. Feel The Passion
6. Money
7. Victims
8. Gang Warfare
9. To Tutu
10. Free The Land
11. We Can Do It
12. Stay With The Rhythm
13. Evermore
14. Dudes
15. Taxi (Dub)
16. We Can Do It (A Capella)


通算8枚目となるオリジナル・アルバム。
冒頭の「Taxi Driver」は、ニューヨークのタクシーの黒人に対する差別的な扱いを糾弾した問題作。
また、「To Tutu」は小品ながら、南アで最も著名な反アパルトヘイト・人権活動家のひとり、ツツ大主教に捧げられたナンバーで、反差別を訴えるバンドの姿勢は、サウンドがポップになっても不変であることを強く感じさせます。
本作は、ビルボードのワールド・ミュージック・チャートの6位まで上昇、グラミーのベスト・レゲエ・アルバム部門にノミネートされるなど話題を呼び、スティール・パルスの代表作の1枚として数えられているとか。
そういったことはさておいても、デヴィッド・ハインズの哀愁味のあるスモーキーな歌声は、相変わらず魅力的。
硬派なレゲエ・ファンに、このポップなサウンドがどう評価されているかは分かりませんが、素晴らしい出来栄えの1枚であることは間違いない思いますね。
個人的なベスト・トラックは、疾走感が半端じゃない「Gang Warfare」かな。

Steel Pulse - Gang Warfare


購入記録 Amazon マケプレ 418円(送料込み)


Steel Pulse / Vex
CD 94年


画像

1. Bootstraps
2. Back To My Roots
3. Islands Unite
4. Better Days
5. In My Life
6. Endangered Species
7. New World Order
8. X Resurrection
9. Whirlwind Romance
10. No Justice No Peace
11. Dirty H2o
12. Dub To My Roots
13. Dubite


話題となった前作「Victims」から3年のブランクを経てリリースされた9枚目のアルバム。
パーカッション担当であり、グループの素晴らしいハーモニーの一翼をも担っていた創設メンバーのひとり、アルフォンソ・マーティンの脱退はグループにとってはかなりの痛手となった思われますが、そんなアクシデントはものともせず、アルバムの出来は素晴らしく、ビルボードのレゲエ・チャートで上位に食い込んだというのも納得の1枚です。
コロンブスをフック船長同様の悪質な海賊と断罪し、カリブの島々の連帯を訴えかける「Islands Unite」など、硬派な姿勢は相変わらず。
サウンド自体は、前作と比べややクールになっている気はするものの、ポップで聴きやすいことは変わりありませんので、最後まで一気に聴くことができます。
もう1枚ある90年代の作品もマケプレに捨て値であるみたいなので、近い内にゲットしたいですね。

Steel Pulse - Whirlwind Romance


購入記録 Amazon マケプレ 400円(送料込み)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UKレゲエの好盤 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる