オールド・タイム・レディ

ロサンジェルスを拠点に活躍する個性的なシンガー、ジャネット・クラインの6枚目のアルバムです。


Janet Klein / Ready For You
CD 2008年


画像

01. I'm Getting Myself Ready For You
02. Who's That Knocking At My Door ?
03. Lookie, Lookie Here Comes Cookie
04. Walking My Baby Back Home
05. My Canary Has Circles Under His Eyes
06. That's What You Think
07. A New Moon Is Over My Shoulder
08. Have a Martini !
09. Nakasete Chodai
10. Au Bal Musette
11. Them Piano Blues
12. Sentimental Gentleman From Georgia
13. I Love A Ukulele
14. Take A Number From One To Ten
15. Sweet Papa, Momma's Getting Mad
16. Roll On, Mississippi, Roll On
17. Ginza Kan Kan Musume
18. I Ain't That Kind of a Baby
19. Runaway Blues
20. Then I'll Be Happy


"オールド・タイム・レディ"といえば、かつてはマリア・マルダーのことでしたが、今この異名がぴったりなのが本作の主人公、ジャネット・クライン。
1920~40年代のポピュラー・ソングやジャズ・ソングを彼女独自のスタイルでカヴァーするというスタイルは不変ですが、このアルバムでは、日本盤だけのプレゼントとして川畑文子の「泣かせて頂戴」、高峰秀子の「銀座カンカン娘」を収録。
いかにも親日家らしいジャネットのサプライズ選曲ですが、どちらも1920~40年代の楽曲ということで、彼女のコンセプトにもピッタリの選曲といっていいですね。
日本語の発音も上手。
30年代初期のオールド・ジャズ・チューン(5)、ボズウェル・シスターズのカバー(12)、ウクレレ弾き語りの(20)も最高。
ジャネットの魅力満載の傑作アルバムになっています。


Janet Klein & Her Parlor Boys - Then I'll Be Happy


Janet Klein & Her Parlor Boys - My Canary Has Circles Under His Eyes



購入記録 ヤフオク 880円(送料込み)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック