ジミー・ウェッブの名盤

米シンガー・ソングライター、ジミー・ウェッブの80年代では唯一のアルバムです。

Jimmy Webb / Angel Heart
CD 2016年 / オリジナル 82年


画像

1. Angel Heart
2. God's Gift
3. One Of The Few
4. Scissors Cut
5. Work For A Dollar
6. His World
7. Our Movie
8. Nasty Love
9. In Cars
10. Old Wing Mouth


廉価盤シリーズ「AOR CITY 1000」からの1枚。
期間限定といいつつも、このシリーズって結構売れ残っているみたいで、ジミー・ウェッブの名盤が30%オフということであれば思わず手が出てしまいますね。
帯には、「バート・バカラックやブライアン・ウィルソンなどアメリカが誇るソングライターと並び称される偉大なシンガー・ソングライター」と書かれていますが、その2人に比べ日本でのジミーの知名度は極端に低いのが少し悲しい。
本作は、アート・ガーファンクルに提供した「Scissors Cut」と「In Cars」のセルフ・カバーが収録されていることでも知られる1枚。
バックにはジェフ・ポーカロ、スティーヴ・ルカサー、デヴィッド・フォスターなど、いかにもAOR全盛期といったメンバーが参加しており、「AOR CITY 1000」シリーズの一環としてリリースされたのも納得の内容となっています。
初期のアルバム「Words and Music」のようなシンガー・ソングライター然とした作品を期待する人に向かないかも知れませんが、AORも好きな自分としては終始楽しめる仕上がりですね。
まぁ、シンプルなバラード「Our Movie」あたりは、リア・カンケルの素晴らしいハーモニーも相まってSSWファンにも受けはよさそうですが。
名曲「Scissors Cut」は、透明感が半端じゃないアーティのヴォーカルとはまた違ったジミーの暖かみのあるヴォーカルが感動を呼びます。
これぞ正調AORといった感じのタイトル曲「Angel Heart」も好き。
「His World」でのルカサーの疾走するギター・ソロも聴きどころ。
もちろん「In Cars」も名唱です。


Jimmy Webb - Our Movie



購入記録 Amazon 756円

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック