Doo Wop Chartbusters その5

Doo Wop Chartbusters
CD 2014年


画像


最後は、Disc-9,10からご紹介。

Disc-9 (Total Time 51'51)
1. Phil Phillips & The Twilights - Sea Of Love
2. Colts - Adorable
3. Cadets - Stranded In The Jungle
4. Du-Droppers - I Wanna Know
5. Tune Weavers - Happy, Happy Birthday Baby
6. Spiders - You're The One
7. Dells - Oh What A Nite (Junior)
8. Dominoes - Sixty Minute Man
9. Velours - Can I Come Over Night
10. Drifters - What'Cha Gonna Do
11. Frankie Lymon & The Teenagers - I Want You To Be My Girl
12. Hank Ballard & The Midnighters (as Royals) - Get It
13. Hollywood Flames - Buzz, Buzz, Buzz
14. Drifters - Ruby Baby
15. Nutmegs - Story Untold
16. Jesters - So Strange
17. Moonglows - Sincerely
18. Flamingos - I'Ll Be Home
19. Willows - Church Bells May Ring
20. Cellos - Rang Tang Ding Dong

Disc-10(Total Time 54'10)
1. Drifters - There Goes My Baby
2. Cadillacs - Speedo
3. Little Anthony & The Imperials - Tears On My Pillow
4. Heartbeats - A Thousand Miles Away
5. Mello-Kings - Tonite, Tonite
6. Dominoes - These Foolish Things Remind Me Of You
7. Fiestas - So Fine
8. Dell-Vikings - Come Go With Me
9. Charms - Hearts Of Stone
10. Chantels - I Love You So
11. Four Tunes - Marie
12. El Dorados - At My Front Door
13. Valiants - This Is The Nite
14. Spiders - I'm Slippin' In
15. Little Joe & The Thrillers - Peanuts
16. Counts - Darling Dear
17. Moonglows - Ten Commandments Of Love
18. Magnificents - Up On The Mountain
19. Five Keys - Close Your Eyes
20. Isley Brothers - Shout Part I & II

赤表示はライノ・ボックス未収録曲。


Disc-9のライノ未収録は8曲。
その中では、何といってもフィル・フィリップスの3連バラード「Sea Of Love」が名曲。
59年に全米2位の大ヒットとなり、いまだにアメリカ人が好んで歌う人気曲のひとつだそうです。
自分もそうですが、ロバート・プラントが歌ったハニー・ドリッパースによるカバーで初めて聴いたという人も多いのでは。
その他にも多くのカバー・ヴァージョンがありますが、個人的には、サンディーの絶妙なハワイアン・カバーがお気に入りです。
あとは、「What'Cha Gonna Do」かな。
さすが、老舗ドリフターズといった感じの素晴らしい出来栄えで、R&Bチャートでは2位まで上がるヒットに。
リード・ヴォーカルは、クライド・マクファター。

Phil Phillips & The Twilights - Sea Of Love


Drifters - What'Cha Gonna Do



Disc-10のライノ未収録は6曲と少なめ。
オハイオ出身のグループ、チャームスの「Hearts Of Stone」はR&Bチャート5位まで上がる大ヒット。
オリジナルはジュエルズというグループのローカル・ヒットとのことで、YouTubeでチェックしてみましたが、より洗練されたチャームスのカバー・ヴァージョンが全米でヒットしたというのは当然かなという気がします。
ロサンジェルスのヴァリアンツがヒットさせた「This Is The Nite」もいい。
「勇壮な奴ら」というグループ名とは相反するようなメロディアスなドゥー・ワップ・バラードはやはり名曲といっていいでしょう。

Charms - Hearts Of Stone


Valiants - This Is The Nite

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック