無人島レコード 358枚目

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。



今回は、このアルバムを。

Barbara Lynn / A Good Woman
:Complete Tribe & Jetstream Singles 1966-1979 (2011)


画像

R&B系の女性シンガーの中では、一二を争う位好きなバーバラ姐さん。
ムジレコとなるとJamie時代やAtlantic時代の彼女のコンピも大好きなので、大いに迷いますが、ここはTribe、Jetstream、Copyright、Starfliteに残したシングル曲を網羅した本作を挙げておきましょう。
やたらと歌い上げないスタイルは、本国アメリカではさほど受けはよくないようですが、ここ日本では大人気(らしい)。
本作は、そんな姐さんの20代半ばから30代半ばまでの脂の乗り切った時期の哀愁の歌声を堪能できる逸品となっています。


Barbara Lynn - You Left The Water Running


Barbara Lynn - How You Think I Can Live With Somebody

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック