Doo Wop Jukebox Hits その4

「Doo Wop Chartbusters」の姉妹編「Doo Wop Jukebox Hits」です。

Doo Wop Jukebox Hits
CD 2014年

画像


今回は、Disc-7,8から。

Disc-7(Total Time 51'58)
1. Masterkeys - Mister Blues
2. Four Tunes - Let's Give Love
3. Bobby Nunn - That's What The Good Book Says

4. Starlites - Valarie
5. Four Jacks - The Last Of The Good Rocking Men
6. Jan & Dean - Cindy
7. Marshall Brothers - Who'll Be The Fool From Now On
8. Marylanders - Make Me Thrill Again
9. Carols - Please Believe In Me
10. Billy Bunn & His Buddies - I'm Afraid
11. Patti & Margie - No No Baby
12. Sultans - Lemon Squeezing Daddy
13. Kalin Twins - Jumpin' Jack
14. Four Blazes - Rug Cutter
15. Five Larks - My Heart Cries For You
16. Heartbreakers - Heartbreaker
17. Jan & Dean - Don't Fly Away
18. Sultans - Don't Be Angry
19. Flames - Young Girl
20. Diamonds - A Beggar For Your Kisses


Disc-8 (Total Time 52'43)
1. Moonglows - Mama Loocie
2. Lee Andrews & The Hearts - Maybe You'll Be There
3. Du-Droppers - Can't Do Sixty No More
4. King Odom Four - Lover Come Back To Me
5. Four Dots - My Dear
6. Jan & Dean - White Tennis Sneakers
7. Enchanters - I've Lost
8. Jewels - Oh Yes I Know
9. Four Knights - Walkin' And Whistlin' Blues
10. Medallions - The Letter
11. Checkers - Flame In My Heart

12. Desires - Rendezvous With You
13. Blenders - Little Small Town Girl
14. Rivals - Rival Blues
15. Robins - Riot In Cell Block Number Nine
16. Vann Walls - Big Leg Mama
17. Jan & Dean - Baggy Pants
18. Five Keys - Serve Another Round
19. Playboys - My Buddy Done Stole My Chippie
20. Hornets - I Can't Believe


赤表示はライノ・ボックス未収録曲。


Disc-7のライノ未収録は19曲。
ニューヨーク出身、ハロルド・"ソニー"・ライト中心とする4人組、ダイアモンズの「A Beggar For Your Kisses」がいい。
デビュー時はトリオながら、後にセカンド・テナーのアーネスト・ウォードを加えた4人組となり、52年のファースト・シングルとなったバラード「A Beggar~」を発表。
54年までにあと2枚のシングルをリリースしたものの、鳴かず飛ばずに終わったのが意外なほど、素晴らしいハーモニーを聴かせてくれます。
デトロイト出身のキャロルズの「Please Believe In Me」もいい。
ヴォーカル陣4人にピアノ奏者を加えた5人組で、本来はドゥ・ワップというよりはゴスペル・グループだったようで、この曲もコール・アンド・レスポンスのスタイルで歌われる軽快なチューンですが、ドゥ・ワップの要素ももちろんそこかしこに感じられます。

Diamonds - A Beggar For Your Kisses


Carols - Please Believe In Me



Disc-8のライノ未収録は19曲。
中でもいいのが、ニューヨーク出身のブレンダーズによる「Little Small Town Girl」。
ブレンダーズは40年代末から50年代に10枚以上のシングルを残したようですが、この曲は51年の「The Masquerade Is Over」のカップリング曲で、ムーディーなヴォーカル・スタイルが魅力的。
あとはクリーヴランドの4人組、ホーネッツの「I Can't Believe」かな。
51年のデビュー曲で、情熱を感じさせるバラード。
これ1枚で消えてしまったらしいけど、売れてもおかしくなかったと思わせてくれる連中です。

Blenders - Little Small Town Girl


Hornets - I Can't Believe

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック