無人島レコード 359枚目

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。


今回は、このアルバムを。

Maddy Prior / Woman in the Wings (1978)

画像

スティーライ・スパンの歌姫、マディ・プライアのソロ・デビュー・アルバム。
非トラッド作で、マディが全ての作曲を手掛けている意欲作。
バックにはイアン・アンダーソンを始めとするジェスロ・タル一派がドンと構えていて、もろイアン・アンダーソンと分かるフルートが炸裂するナンバーもありますが、ジャズテイストのスウィンギーなナンバーや透明感のあるフォーク・チューンなどバラエティに富んだ内容で、最後まで聴き手を飽きさせません。
マディのヴォーカルは、"美しい歌声"と評されることが多いと思いますし、そのことに異論はありませんが、ブリティッシュ・フォーク/トラッド界に数多いる美声系ヴォーカリストの中で飛び抜けて"美しい歌声"かと聞かれると?マークが付いてきます。
ただ、彼女の歌声には、言葉では説明できない何とも言えない魅力があることもまた確か。
また、そうでなければ、デビュー以来、半世紀以上も歌い続けてこられないですよね。


Maddy Prior - I Told You So



Maddy Prior - Gutter Geese

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック