Theme Time Radio Hour おやぢ版 Episode2

ThemeTimeBanner-1024x539.jpg


『Theme Time Radio Hour』はボブ・ディランが選曲、DJを担当した衛星ラジオ番組。
1回毎にテーマを決め、2006年から3年間に渡り100回放送されましたが、このおやぢ版ではそのお題を拝借して選曲するという趣向。
和洋取り混ぜて毎回10曲を選んでいく予定です。

第2回のテーマは「Mothers」。

(1) Bohemian Rhapsody / Queen 
(2) 不束な娘だけれど / つじあやの 
(3) High Tide Or Low Tide / Bob Marley & The Wailers
(4) 守ってあげる / 上々颱風 
(5) Sylvia’s Mother / Dr.Hook & The Medicine Show
(6) 世界一ごはん / 植村花菜
(7) The Rooms My Mother Made / Carrie Newcomer
(8) ロックン・オムレツ / 森高千里
(9) Paul Simon / Mother and Child Reunion
(10) シャックリ・ママさん / 大滝詠一

(1):説明不要の大ヒット曲。
凝った曲構成はもちろん、「母さん、ボク人を殺してきたんだ。」という衝撃的な歌詞も話題に。
(2):アルバム「虹色の花咲きほこるとき」のラスト・ナンバー。
母親への感謝があふれる1曲です。
(3):アルバム「Catch A Fire」のジャマイカ・オリジナル・ヴァージョン収録ナンバー。
「我が子を守りそして導き給え。」と神に祈る母の言葉をモチーフにした歌詞と哀愁を帯びたメロディが感動的で、アフリカの飢餓救済キャンペーンのテーマ曲にも使われた名曲。
(4):「八十日間亜州一周」収録曲。
"母のくに"から流れてくるメロディ、祭りの音を体現したような哀愁のメロディが素敵。
(5):全米5位まで上昇した、ドクター・フックの初ヒット曲。
元カノのシルヴィアが嫁ぐ日にお別れを言おうと電話したら、彼女の母親が何だかんだ言って取り次いでくれず、そのうちに公衆電話の料金が切れてしまうという切ないお話。
(6):「シチュー」のCMに起用された1曲。
ママの作ってくれたご飯は世界一と歌われる母親賛歌。
(7):アルバム「My Father's Only Son」収録曲。
「時には愛し、時には争い、時には見捨てたけど、いつも帰るのはそんな母の暮らした部屋なの」という娘の心情を歌った名バラード。
(8):森高の13枚目のシングル。
子供向けの楽しいロックン・ロール・チューンで、主題はママの作ったオムレツだけど主役はパパといった感じの歌詞ですね。
(9):言わずと知れたポール・サイモンの大ヒット曲。
邦題は「母と子の絆」でしたが、直訳は「母と子の再会」という意味。
歌詞は、成り行きでと生きてると「あの世行き=母と子の再会」だよ、と警鐘をならした内容だそう。
(10):アルバム「NIAGARA MOON」収録曲。
しゃっくりが止まらないママを描いたコミカルなナンバー、と当初は思っていたけど、改めて歌詞を読むともっと深い意味がありそうな気も。
考えすぎかな(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント