今年買ったCDベスト10

今年も最後の記事は恒例の年間ベスト10です。
例年通り、発売年の縛りは一切ありません。
ベストというより単純によく聴いたアルバム10選、というのも例年通りです。

1.Little Feat / Waiting for Columbus [Deluxe Edition]
51LDqlr8yZL._AC_SY355_.jpg
2.村下孝蔵~哀愁浪漫 ALL SONGS COLLECTION
softya_dycl-1567-jp.jpg
3.The Oldham Tinkers / For Old Time's Sake
61UO6guU1QL._SX466_.jpg
4.林嘉欣/午夜11:30的星光
5.竹内まりや/Turntable
6.Sol Hoopii / Classic Hawaiian Steel Guitar Performances 1933-34
7.Andrews Sisters / The Dancing 20s + Fresh And Fancy Free
8.Don King / Whirlwind
9.New Seekers / The Albums 1970-73
10.伊藤蘭/My Bouquet


10位は、伊藤蘭、64歳にしての初ソロ・アルバム。
昔と変わらぬランちゃんの歌声に感動です。

9位は、ニュー・シーカーズの5枚組ボックス・セット。
毒にも薬にもならないポップ系コーラス・グループという人もいるだろうけど、昔からのファンとしては、待望のリリースでした。

8位は、知る人ぞ知るカントリー系シンガー・ソングライター、ドン・キングの81年のアルバム。
日本では無名のドンですが、本国アメリカでは、このアルバムから3曲がカントリー・チャートにランクインしています。

7位は、アンドリュース・シスターズの50年代のアルバムをカップリングした2in1。
オリジナル・アルバムのCD化は意外と少ないので、ファンとしては嬉しい限り。
ブックオフで280円で発掘出来たのはラッキーでした。

6位は、伝説のスラッキー・ギター奏者、ソル・ホオピイの1933,1934年の音源を収録した1枚。
アコースティックからエレキへと移行する直前のソルの演奏が美しい。
これもオフの280円棚で発見。

5位は、竹内まりやの40周年記念盤。
聴きどころは、レア音源集のDisc-2、山下達郎「サンデー・ソングブック」の名物コーナー「まりやの課外活動」でのオンエア音源を収録したDisc-3も楽しい。

4位は、台湾の歌手兼女優、カリーナ・ラムの2003年作。
変哲のないウィスパー系台湾ポップスですが、嫌みのない歌声に癒されました。

3位は、オールダム・ティンカーズのサード・アルバムで、「ブラックホーク99選」にも選ばれた名盤。
代表作との評判どおりの作品に聴き惚れました。

2位は、村下孝蔵の10枚組BOX。
日本語の美しさ、情感あふれるメロディ、そしてサラリーマンみたいなルックス(汗)、村下さんってホント稀有なアーティストでしたね。

1位はフィーツの名ライヴ・アルバムのデラックス・エディション。
あまりの内容の素晴らしさに、なんでもっと早く買わなかったのか後悔させられた1枚です。

以上、本年のベスト10でしたが、オマケを少々。

ブック・オブ・ザ・イヤー
反日民族主義/李 栄薫
本国韓国でも10万部を超え、日本では40万部近く売れているというベスト・セラーです。
もはや、"韓国人は嘘つき"というのは、日本のほとんどの人の共通認識となってしまっている感がありますが、「韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡っています。」というこの本の書き出しは、やはり韓国人自身が書いているだけにインパクトがあります。
しかも、一人当たり偽証罪は日本の430倍等々、具体的なデータを元に語られるとその説得力は半端ではありません。
そして、教科書の嘘、徴用工の嘘、独島の嘘、慰安婦の嘘などが次々と暴かれていき、李先生を始めとする著者の方々の安全がホントに保たれているのか心配されるほど。
今年は、何といってもこの本が一番印象的でした。

最優秀動画
木原美悠/長﨑美柚 vs 孫穎莎/王曼昱

2019 ITTFワールドツアー・グランド・ファイナルでミユーズこと木原美悠と長﨑美柚のペアが、韓国ペアを撃破してチャンピオンの座に
ついたのは周知のとおりですが、何といっても素晴らしかったのは中国ペアを大逆転で破った準決勝。
終始笑顔で戦う姿は印象的で、何回見ても元気をもらえる気がします。
この一戦が、おそらく今年の女子ダブルス年間最高試合だったんじゃないでしょうか。
世界ジュニア王者にしてグランド・ファイナル・チャンピオン、日本女子卓球の未来は明るいですね。

というわけで、今年もこの記事が最後となりました。
皆さん、良いお年を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ころん
2019年12月30日 13:39
こんにちは。先程関西の旅から戻って参りました、ころんでございます。
ベスト10、聞いたことが無いものばかりですが、SPOTIFYで聞けるものはチェックしてみたいと思います。

ブック・オブ・ザイ・イヤーは「反日種族主義」ですか。読みたいんですけど、まだ買っていません。その内ゲットしたいと思っております。戦略物資を北朝鮮やイランに横流ししてイスラエルとアメリカの逆鱗に触れた韓国、戦略物資の横流しが出来なくなってイランから「未払いの石油代金払え」と迫られている韓国、もう崩壊するしかないんじゃないでしょうか?

今年も色々とお世話になりました。来年も宜しくお願い致します!
おやぢ
2019年12月31日 13:58
ころん 様

>SPOTIFYで聞けるものはチェックしてみたいと思います。
機会がありましたら是非。
ころんさんでしたら、オールダム・ティンカーズあたりはお好きかもしれません。

>もう崩壊するしかないんじゃないでしょうか?
どうやら文大統領は、韓国を正当な国家とは考えておらず、北主導の統一を
もくろんでいるようですので、むしろ崩壊は願ったりかなったりなのかも知れませんね。

それでは、今年もお世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。