ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュが第62回グラミー賞で主要4部門に「最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム」を加え5冠に輝きました。 主要4部門独占はクリストファー・クロス以来、39年ぶり、史上2度目とのこと。 18歳での受賞は快挙としか言いようがありませんが、正直に言いましょう、この娘のどこがいいのか今一つ分からないのは、ワタシがおっさん…
コメント:0

続きを読むread more

シーモンの涙

本国アメリカではさっぱりだったけど、日本ではオリコンでもチャートインするヒットなった「シーモンの涙」を収録したイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのセカンド・アルバムです。 England Dan & John Ford Coley / Fables LP 72年 Side-A 1. Simone 2. Ca…
コメント:0

続きを読むread more

しあわせの朝

イギリスの国民的歌手、クリフ・リチャードの1969年のヒット・シングルです。 Cliff Richard / Early In The Morning c/w Ooh La La EP 69年 これもリアルタイムでは聴いていなくて、後追いで大好きなった1曲。 オリジナルは、イギリスのポップ・ロック・バンドのヴァニティ・…
コメント:0

続きを読むread more

ヴォイス・フロム・スペイン

60年代後半から70年代前半にかけて活躍したスペインの7人組グループ、ポップ・トップスのベスト・アルバムです。 Pop Tops / Mamy Blue CD 2008年 1. Sometimes You Win, Sometimes You Lose 2. Road to Freedom 3. Just Preten…
コメント:0

続きを読むread more

ストップ・ザ・ミュージック

スウェーデンのビート・バンド、レーン&ザ・リー・キングスの1964年のヒット・シングルです。 Lenne & The Lee Kings / Stop The Music c/w Always And Ever EP ?年 この曲、スウェーデンをはじめ北欧各国でNo.1となる大ヒットとなり、日本でも64年にヒット…
コメント:0

続きを読むread more

マンチェスターとリヴァプール

1968年に日本で大ヒット(31万枚、オリコン6位)したピンキーとフェラスのシングル盤です。 Pinky & The Feras / Manchester & Liverpool c/w Come Back Again EP 68年 「マンチェスターとリヴァプール」は、68年のヒットですので、リアル・タイムでは聴いてい…
コメント:0

続きを読むread more

和みのアルバム

アメリカのシンガー・ソングライター、ロボのセルフ・タイトル作です。 Lobo / Lobo LP 1979年 Side-A 1. Where Were You When I Was Falling In Love 2. Spendin' Time, Makin' Love, And Goin' Crazy 3. A …
コメント:0

続きを読むread more

干支ジャケ

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 恒例の干支ジャケはこの↓2枚。 Pete Jolly Trio / Sweet September (1964) 軽やかなタッチが特徴の西海岸のジャズ・ピアニスト、ピート・ジョリーのトリオ(2曲を除く)作。 ジャケは一瞬分かりにくいけど、よく見ると親ネズミ…
コメント:0

続きを読むread more