ビーチ・ボーイズ50周年記念ツアー

ビーチ・ボーイズのデビュー50周年を記念して行われた、再結成ツアーの模様を収録した2枚組です。

The Beach Boys / Live - The 50th Anniversary Tour
CD 2013年


916tyRolnxL._AC_SY355_.jpg
Disc-1
1. Do It Again
2. Little Honda
3. Catch a Wave
4. Hawaii
5. Don't Back Down
6. Surfin' Safari
7. Surfer Girl
8. The Little Girl I Once Knew
9. Wendy
10. Getcha Back
11. Then I Kissed He
12. Marcella
13. Isn't It Time
14. Why Do Fools Fall in Love
15. When I Grow Up (To Be a Man)
16. Disney Girls
17. Be True to Your School
18. Little Deuce Coupe
19. 409
20. Shut Down
21. I Get Around
Disc-2
1. Pet Sounds
2. Add Some Music to Your Day
3. Heroes and Villains
4. Sail On, Sailor
5. California Saga: California
6. In My Room
7. All This Is That
8. That's Why God Made the Radio
9. Forever
10. God Only Knows
11. Sloop John B
12. Wouldn't It Be Nice
13. Good Vibrations
14. California Girls
15. bHelp Me Rhonda
16. Rock and Roll Music
17. Surfin' U.S.A.
18. Kokomo
19. Barbara Ann
20. Fun, Fun, Fun

ビーチ・ボーイズとしてクレジットされているのは、ブライアン・ウィルソン、マイク・ラヴ、アル・ジャーディン、ブルース・ジョンストン、デヴィッド・マークスの5人。
また、Disc-2(9),(10)では、アーカイヴ音源を使ってデニスとカールの歌声も聴くことが出来ます。
このメンバーがステージに上がったということだけでも、素晴らしいと思いますが、よくブライアンがツアーに同意したなと思うと感慨深いものがありますよね。
バックを支えるのは、ダリアン・サハナジャやジェフリー・フォスケットというお馴染みのメンバーに加え、元カウシルズのジョン・カウシルがドラムを叩いています。
ジョン・カウシルは、マイクとブルースのビーチ・ボーイズにも参加していて、その縁でこの再結成ツアーにも参加しているようですが、そもそものつながりはどこからなのかな。
同じファミリー・バンドということもあるし、カウシルズの憧れのバンドが、ビートルズやビーチ・ボーイズだったということがきっかけだったのかも知れませんね。
まぁ、ブライアンの存在感が薄いとか、「Disney Girls」でのブルースのヴォーカルがややショボい(もちろん味はあります)とか、突っ込みどころがないとはいえないライヴ・アルバムですが、こういったアニバーサリー盤に細かいことをいうのは野暮というものでしょう。
ファルセットの出せなくなったブライアンの代わりを務めるフォスケットの安定したヴォーカルを中心に展開されるハーモニーは、さすがビーチ・ボーイズの面目躍如といったところですし、全てのアメリカン・ポップス・ファンが楽しめる、文句なしの名作ライヴに仕上がっていると思います。


The Beach Boys - I Get Around



購入記録 ヤフオク 1130円(送料込み)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント