シティ・ポップ

レココレ誌の7月号の特集は、「シティ・ポップの名曲 ベスト100」の80年代編でした。

51E-w45B5HL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg
6月号は70年代編でしたが、個人的にはシティ・ポップと言えばやっぱり80年代ですかね。
ベスト10は、

1. SPARKLE/山下達郎
2. プラスティック・ラブ/竹内まりや
3. 色彩都市/大貫妙子
4. 頬に夜の灯/吉田美奈子
5. 君は天然色/大滝詠一
6. TOWN/吉田美奈子
7. 真珠のピアス/松任谷由実
8. RIDE ON TIME/山下達郎
9. 土曜日の恋人/山下達郎
10. 一本の音楽/村田和人


という結果。
なんか達郎さんに偏ってる感じがしますね。
弟分的な村田さんも入ってるし。
ベスト100を見ても多くの曲がランクインしています。
まぁ、気持ちは分かりますが、ちょっと偏りすぎな気もしないではありません。
美奈子さんも強いですね。
70年代編では、「恋は流星」が7位でしたが、80年代編でも2曲がベスト10入り。
この辺りは、レココレならではの傾向かも知れませんね。
個人的には、倉橋ルイ子、木村恵子、門あさ美といった名前がベスト100に見られなかったのが少し寂しいですね。
特に、門さんの曲が入っていないのは許せないなぁ。
最近特によく聴いてるから(笑)。


倉橋ルイ子 - プロローグ~Morning


木村恵子 - コルトレーンで愛して


門あさ美 - LONELY LONELY

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たろ
2020年07月05日 14:41
実は楽器店の書棚にあったので立ち読みしました。
ベストテンにランクインしている人達は、全員ファミリーですよね。
山下達郎が大滝詠一に拉致されて福生まで連れて行かれた話とか、
ユーミンのアルバム「ミスリム」は山下達郎がコーラスアレンジしているしね。
というので買うのやめました(笑)
おやぢ
2020年07月06日 22:19
たろ 様

>全員ファミリーですよね。
ユーミンは気づきませんでしたが、言われてみるとそうですね~。
ますます偏ったセレクションですね(笑)。

昔、大滝師匠と達郎さんの正月のラジオは楽しみにしていましたが、もう聞けないと思うと寂しいです。
未だにYouTubeで聞けるのが救いですけど。
えりん
2020年07月07日 12:20
こんちは。ベタだけど、ユーミンなら「中央フリーウェイ」を入れて欲しかったな。
おやぢ
2020年07月07日 21:28
えりん 様

「中央フリーウェイ」は70年代編の4位に入っていました。
さすが名曲ですね。
シティ・ポップという観点からユーミンを1曲選ぶとしたら、個人的には「DOWNTOWN BOY」あたりでしょうか。