JB in Japan

ジャクソン・ブラウンの来日公演の模様を収録したライヴ盤2アイテムです。

Jackson Browne / Hold On Nagoya
CD 2018年


nagoya.jpg
Disc-1
1. The Fuse
2. Your Bright Baby Blues
3. Here Comes Those Tears Again
4. Fountain Of Sorrow
5. For Everyman
6. Call It A Loan
7. Of Missing Persons
8. Walking Slow
9. Before The Deluge
10. Disco Apocalypse
11. That Girl Could Sing
Disc-2
1. Hold Out
2. Boulevard
3. Doctor My Eyes
4. The Late Show
5. Running On Empty
6. Sleep's Dark And Silent Gate
7. The Pretender
8. Band Introduction
9. Hold On Hold Out
10. The Load Out
11. Stay
12. Take It Easy

まずは、ブート盤から。
1980年11月17日愛知厚生年金会館でのライヴ音源。
Moonchild Recordsからのリリースです。
関係者流出のSBD音源ということで音質はまずまず良好ですね。
全米N0.1アルバム「Hold Out」を引っ提げてのツアーということで気合の入った演奏が繰り広げられていますが、それもそのはず、デヴィッド・リンドレー、ラス・カンケル、ボブ・グロウプ、クレイグ・ダーギ、ビル・ペイン、ダグ・ヘイウッド、ローズマリー・バトラーという素晴らしいメンバーがバック・アップしております。
特に、デヴィッド・リンドレーはこの年、1980年を最後にJBのバック・メンバーから離れ、自らのバンド、エル・ラーヨ・エキスに専念ことになりますので、貴重なライヴ音源と言えるでしょう。
選曲も、もちろんアルバム「Hold Out」から全7曲が演奏されていますが、「Doctor My Eyes」や「The Pretender」など人気曲もたっぷり収録されていてJBファン大満足のアルバムとなっています。

購入記録 ヤフオク 1000円(送料込み)


Jackson Browne / The Road East -Live in Japan-
CD 2019年


road.jpg
1.Barricades Of Heaven
2.These Days
3.Call It A Loan
4.The Crow On The Cradle
5.Looking East
6.I’m Alive
7.In The Shape Of A Heart
8.Lives In The Balance
9.Far From the Arms of Hunger
10.I’m A Patriot

こちらは、日本限定発売の正規盤。
2015年3月、名古屋、東京、大坂、広島と廻ったジャパン・ツアーでのライヴ音源。
JB自身が選曲・マスタリングを手掛けており、日本のファンに対する誠意と愛情が感じられる仕上がりとなっています。
演奏も、JBが歴代最強と断言する、グレッグ・リーズ、ヴァル・マッカラム、マウリシオ・リワーク、ボブ・グラウブ、ジェフ・ヤング、シャヴォンヌ・スチュワート、アリシア・ミルズといった面々が名を連ね安定感抜群です。
オールド・ファンにとっては、なじみのある楽曲は(2),(3)ぐらいですが、80年代後半~90年代の曲も悪くないですね~。
当時、JBは66歳、若い時と比べたら音域は狭くなっているのかも知れませんが、歌声に衰えはほとんど感じられません。
日本限定発売だけに、いつ入手困難になるかも知れませんので、ファン必携の1枚と言っていいでしょう。

購入記録 芽瑠璃堂 1716円(送料込み)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント