ジェノア・ケアヴェ

先日、超久しぶりに駅前のブックオフへ。
たぶん10ケ月ぶり位でしょうか。
獲物が見つからず、「せっかく来たのに、めぼしいものがないなぁ」とあきらめかけたら、安棚のワールド欄でジェノア・ケアヴェのアルバムを2枚発見。

Genoa Keawe / Hula Hou
CD 2001年 / オリジナル 93年


41ZQ1Q0V6GL._AC_UL474_SR474,450_.jpg
1. Kaloaloa
2. Heavenly Hana
3. Kapi'olani Paka
4. Hale'iwa Maid (My Lovely Hawaiian Maid)
5. Royal Hawaiian Hotel
6. To Make You Love Me, Ku'u ipo
7. Aloha Kona Hema
8. Susie Ana E
9. Kaupo (Me Ka Nani A'o Kaupo)
10. My Yellow Ginger Lei
11. May Day is Lei Day in Hawai'i
12. Kawaihae (Hoe Hoe Na Wa'a)

Genoa Keawe & Her Hawaiians/In The Hula Style
CD 2001年 / オリジナル 96年


R-6410619-1418547464-7133.jpeg.jpg
1. Kauoha Mai
2. Hi`ilawe
3. Mahina O Haku
4. Khbc Hula
5. Makee `Ailana
6. Keep Your Eyes On The Hands
7. Waikaloa
8. Kukuna O Ka La
9. He U`i No `Oe
10. Singing Bamboo
11. Pua `Iliahi
12. Pua `Olena


"アンティ・ジェノア"と親しまれ、ハワイ音楽史にその名を残したレジェンド歌手、ジェノア・ケアヴェ。
2008年、89歳で他界した後もフラ・ダンサー、ハワイ音楽ファン達から愛され続けている人です。
彼女のアルバムは、これも以前オフでゲットした「Party Hulas」(1965)しか持っていませんので、今回は嬉しい収穫でした。

「Hula Hou」は、93年のリリースですからアンティが74歳くらいの時の録音でしょうか。さすがに、若い頃の甘く可憐な歌声と驚異のロングトーンを聴くことはできなくなっていますが、それを補って余りあるアンティの歌への情熱は健在で、聴く者の心に響いてきます。
むしろ、太く低くなった円熟の歌声を好むファンもいそうですね。
まぁ、晩年になっても入院中の病院で、看護師や医師を相手に歌って聴かせていたというアンティですから、歌への情熱は誰にも負けませんね。
なお、(6),(11)では、アンティの愛息であるゲイリー・アイコが低音の美声でリード・ヴォーカルをとっています。

「In The Hula Style」は、前述「Hula Hou」の3年後にリリースされた作品。
ジャケに"Live in Hawaii"と書かれていますが、観客の歓声は入っていません。
クレジットには、イズラエルがレコーディングで使用したことでも知られる録音スタジオ、オーディオ・リソース・ホノルルでの録音と書かれていますので、せーので演った一発録りだったのかも知れませんね。
内容的には、さすがのアンティも80歳が近くなってきていたとあって、"頑張って歌ってます"感が出てしまっていますが、それも彼女の歴史の1頁としてファンにとっては許容範囲のパフォーマンスなんだと思います。
ちなみに、本作でも、息子のゲイリーが美声を聴かせてくれています。


購入記録 ブックオフ 各290円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント