クレシダ

英国のプログレ・バンド、クレシダのファースト&セカンド・アルバムをカップリングした2枚組。
英BGOからのリイシューです。

Cressida / Cressida + Asylum
CD 2009年


71FsyzJ+Y-L._AC_SL1004_.jpg
Disc-1 Cressida
1. To Play Your Little Game
2. Winter Is Coming Again
3. Time For Bed
4. Cressida
5. Home And Where I Long To Be
6. Depression
7. One Of A Group
8. Lights In My Mind
9. Only Earthman In Town, The
10. Spring '69
11. Down Down
12. Tomorrow Is A Whole New Day

Disc-2 Asylum
1. Asylum
2. Munich
3. Goodbye Post Office Tower Goodbye
4. Survivor
5. Reprieved
6. Lisa
7. Summer Weekend Of A Lifetime
8. Let Them Come When They Will

クレシダの活動期間は、68~70年のわずか2年余ですが、その間、ヴァーティゴにアルバム2枚を残しています。
どちらもピーター・ジェニングスのハモンド・オルガンをフィーチャーしたサウンドは素晴らしく、ファンからの評価も高かったようですが、商業的な成功には結びつかず、バンドの資金難も手伝って敢えなく解散してしまったのは実に惜しまれますね。
本作は、その2枚のアルバムを収録。
アンガス・カレンのややもっさりとしたヴォーカルは個人的な好みからは少し外れますが、やはりピーター・ジェニングスのハモンドは素晴らしく、オルガン好きのロック・ファンにとっては至福のアルバム2枚と言えるでしょう。
恐らく、人気は、キーフが手掛けたジャケットが眼を惹くセカンド「Asylum」に集まっていると思いますが、デビュー作も中々の出来栄えで聴き逃せません。
2011年には、アンガス・カレンを中心に再結集しギグが行われ、それを契機にデビュー前のデモ音源などを集めた未発表作品集「Trapped In Time:The Lost Tapes」がリリースされているようですが、機会があったらぜひ聴いてみたいものです。


Cressida - Cressida


Cressida - Munich



購入記録 ヤフオク 1380円(送料込み)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント