モンキーズ

2016年、モンキーズがバンド結成50周年を記念してリリースした新作アルバムです。

The Monkees / Good Times!
CD 2016年


81v3r4HkZ0L._AC_SY450_.jpg
1 Good Times
2 You Bring the Summer
3 She Makes Me Laugh
4 Our Own World
5 Gotta Give It Time
6 Me & Magdalena
7 Whatever's Right
8 Love to Love
9 Little Girl
10 Birth of an Accidental Hipster
11 Wasn't Born to Follow
12 I Know What I Know
13 I Was There (And I'm Told I Had a Good Time)

何と全米アルバム・チャート14位。
アメリカ人のモンキーズ愛は不滅ですね!
逆にリリース当時、日本ではそれ程話題になっていなかったような記憶があります。
かく言う自分も何気にスルーしていたのですが、今回遅ればせながらのゲットなりました。
2016年の新録音にアーカイヴ音源を適宜ミックスした構成の本作ですが、かつてのモンキーズ・サウンドを彷彿とさせる(そうでないナンバーも多々ありますが…)ポップ・チューンが並んでいてゴキゲンな仕上がりに。
唯一、デイビーのリード・ヴォーカルが聴ける「Love to Love」は、「Missing Links Volume 3」に初出のヴァージョンに新たにミッキーとピーターがバック・ヴォーカルを加えたものとのこと。
中々の出来栄えにデイビー・ファンは小躍りしたことでしょう。
とは言え、本作の主役はやはりミッキーで、13曲中9曲でリード・ヴォーカルを務めています。
ファンの一部には、デイビーの歌声がほとんど聴けない本作は、モンキーズじゃないとの声もあったようですが、個人的にはヴォイス・オブ・モンキーズは、ミッキーだと思っていますので、あまり不満はありませんね。
日本では、小さくて可愛いデイビーが一番人気でしたので、気持ちは分からなくもありませんけど。
まぁ、自分もデイビーの歌う「Daydream Believer」や「When Love Comes Knocking at Your Door」といった曲は大好きだったわけで、もう1曲位アーカイヴ音源を使用したデイビーのヴォーカル曲があったらさらにモンキーズ感が出たとは思いますが。
ベスト・トラックは、XTCのアンディ・パートリッジ作の(2)かな。
一番、モンキーズっぽくないナンバーですね(笑)。
マイク作の郷愁を誘うバラードも(12)好き。


The Monkees - You Bring the Summer


The Monkees - I Know What I Know



購入記録 Amazon マケプレ 950円(送料込み)

"モンキーズ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント