テーマ:思い出の70sヒット・チャート イン・ジ

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン15

50代以上の洋楽ファンでマッシュマッカーンの名前を知らない人は一人もいないでしょう、といいたくなるほど「霧の中の二人」は当時大ヒットしました。 ビルボードでのチャートインはこの1曲のみ。 1.As The Years Go By 31位 - 1970 チャート的には31位の所謂スマッシュ・ヒットに終わっていますが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン13

タニヤ・タッカーは13歳にデビューして以来、本国アメリカでは根強い人気を誇るカントリー・シンガーです。 日本ではwiki(日本版)にすら載っていない忘れられた存在ですが、70年代半ばCM曲をきっかけに大ブレークした時期がありました。40歳以上の中年世代の方には懐かしい名前でしょう。 アメリカでのHOT100ヒットは以下のとおり。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン12

カプリコーンはキュートな女性ヴォーカリスト、スー・アヴォリーを中心とした3人組のポップ・グループで、本国イギリスやアメリカでは泣かず飛ばずでしたが、日本ではデビュー曲「ハロー・リバプール」にリクエストが殺到、一躍人気者となりました。 1.ハロー・リバプール 11位 14.5万枚 - 1971 2.明日にこんにちは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン11

本国アメリカ以上に日本で活躍したスリー・ディグリーズ。 なんせ「夜ヒット」に初めて出演した外タレが彼女たちだったというのですから、当時の日本での人気ぶりが伺えます。 日本で彼女達の人気がブレイクしたのは74年の「荒野のならず者(Dirty Ol' Man)」のヒットがきっかけでしたが、アメリカでは「TSOP」でブレイクするまでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン10

日本ではフレンチ・ポップスの代名詞ともいうべき存在のシルヴィ・バルタン。 本国フランスでは60年代初頭から人気スターの座にありました。 本国フランスと書きましたが、父親はブルガリア人、母親はハンガリー人で、1952年、8歳の時に両親に連れられ、ブルガリアの田舎町イスクレッルからパリに移住しています。 その時のカルチャー・ショックは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン9

歌うフランス人形、ダニエル・ビダルが「天使のらくがき」で日本デビューしたのは1969年。 他の大柄でセクシーな舶来女性歌手たちとは違って、152cm、51kgの小柄でキュートな17才の女の子はまさに日本人の好みにピッタリで、瞬く間に人気者となりました。 当時はフランスで大人気のアイドルが日本にやって来たと思い込んでいましたが、本国で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン8

ダラスのローカル・バンドで活動していたイングランド・ダンとジョン・フォード・コーリーがA&Mからデュオとして再出発したのが71年。 再出発はしたものの中々ヒット曲が生まれれずA&Mを解雇された二人ですが、苦節5年「秋風の恋(I'd Really Love To See You Tonight)」が初のヒットを記録、見事全米チャートの第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン7

デトロイト出身ながら「キャン・ザ・キャン」がイギリスで大ヒット、一躍スターダムにのし上がったスージー・クアトロ。 小柄で華奢な体つき、特別美人とはいえないけど愛くるしいルックスはまさに日本人好みで、「ベースを弾くと子宮に響いて感じるの」なんていう過激な発言をしてもどこかかわいらしく、日本でも大変な人気者となりました。 スージーは先週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン6

「ヴィーナス」1曲で世界中のファンの記憶の残るオランダのポップ・ロック・バンド、ショッキング・ブルーは70年代初頭、日本でも大人気で2度の来日公演を果たしました。 アメリカでのヒット曲は3曲。 1.Venus 1位 - 1970 2.Mighty Joe 43位 - 1970 3.Long And Lonesome Ro…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン4

哀愁味のあるポップ・ロック・ナンバー「孤独の夜明け」は昔から大好きな曲。 歌っているのはマジック・ランタンというグループで、日本盤シングルの解説によると「1966年に結成されたイギリスのグループで、北部地方のランカシャー地域で最も優れたタレントということで集められた4人(アラン・ウィルソン、ミッチェル・"オッジィ"・オズボーン、ピータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン3

第3回目はオリジナル・キャストです。 オリジナル・キャストはブルースとディクシーのイネス夫妻を中心に結成された5人組のグループ。 アメリカでは「天使の兵隊(One Tin Soldier)」(ビルボード最高位34位)だけの完全な1発屋ですが、地元カナダでは「天使の兵隊(One Tin Soldier)」の成功をきっかけにヒット曲を連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン2

今回のお題はミッシェル・ポルナレフです。 66年のデビュー以来、フランス国内ではスターの座にあったポルナレフ氏が日本でも注目を集めるようになったのはなんといってもあの「シェリーに口づけ」の大ヒットからです。 1.シェリーに口づけ  6位 30.5万枚 71年    2.愛の願い    80位 1.0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出の70sヒット・チャート イン・ジャパン1

2年以上に及ぶビルボード・ヒット・チャートの記事が一段落して思ったのが、あれっ、昔大好きだったあの曲もこの曲も出てこないじゃんということ。 当時の日本の洋楽ヒット・チャートは実に多種多様で、映画音楽も人気がありましたし、本国では全く無名のアーティストが日本で大活躍したり、アメリカではイマイチだったけど日本じゃ大ヒットなんて曲が結構あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more