テーマ:レコード棚の片隅から

レコード棚の片隅から 67

アメリカのフォーク・ロック・デュオ、ゼーガー&エバンズのヒット曲です。 ゼーガーとエバンズ 西暦2525年 c/w リトル・キッド (1969) 69年7月にビルボード・チャートの1位に輝いた大ヒット曲。 当時の記録を見ると日本でも8月から9月にかけて人気に火がつき、10月に入ってトム・ジョーンズの「ラブ・ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 66

お馴染みクイーンの78年のヒット・アルバムです。 Queen / Jazz(1978) Side-A 1. Mustapha 2. Fat Bottomed Girls 3. Jealousy 4. Bicycle Race 5. If You Can't Beat Them 6. Let Me En…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 65

カナダ出身のロック・バンド、ゲス・フーが70年に入って早々に発表した大ヒット・アルバムです。 The Guess Who / American Woman(1970) Side-A 1. American Woman 2. No Time 3. Talisman 4. No Sugar Tonight/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 64

以前当ブログでもちらっと取り上げたことのあるイギリスのポップ・ロック・バンド、イエロー・ドッグのセカンド・アルバムです。 Yellow Dog / Beware Of The Dog(1978) Side-A 1. Gee Officer Krupke 2. Up In The Balcony 3. So …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 63

スタン・ケントン楽団、レス・ブラウン楽団などで活躍したベース奏者、ドン・バグレーのリーダー作。 ドン・バグレー/ベイシカリー・バグレー(1957) Side-A 1. ベイシカリー・バグレー 2. ミート・ミー・イン・セントルイス 3. ベディ・アイド・クライド 4. ロビンズ・アンド・ローゼズ 5. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 62

オランダのバンド、アース&ファイアーの「シーズン」に続くシングルです。 アース&ファイアー 明日への叫び c/w ワイルド・アンド・エキサイティング (1971) 原題は「21st Century Show」。 「シーズン」の大ヒットを受け、期待を込めてリリースされたナンバーですが、ラジオ・チャートのTOP10に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 61

五輪真弓さんの通算20枚目のシングルです。 五輪真弓 リバイバル c/w 手紙 (1981) パチンコ景品シリーズ第3弾でございます(笑)。 前年の「恋人よ」がオリコン3週連続1位の特大ヒットだったのであまり目立ちませんが、こちらもいい曲、というより個人的にはこっちの方が好きかな。 オリコン最高位は21位…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 60

81年のヒット曲。 80万枚を売り上げ、オリコン・チャート1位を獲得。 中島みゆき 悪女 c/w 笑わせるじゃないか (1981) これも確かパチンコの戦利品でした(笑)。 まぁ、今更という感じの1枚ですが、ジャケットのみゆきさんがメチャかっこいいんですよね~。 B面も名曲です。 悪女- マルチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 59

76年の「木綿のハンカチーフ」が大ヒットして一躍人気者となった太田裕美嬢の17枚目のシングルです。 太田裕美 南風 -SOUTH WIND- c/w 思い出の「赤毛のアン」 (1980) 作詞・作曲は網倉一也さん。 77年のヒット曲「九月の雨」以来、しばらくチャートから遠ざかっていた裕美さんですが、キリン・オレ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 58

アメリカの8枚目となるオリジナル・アルバムです。 America / Harbor (1977) Side-1 1. God of the Sun 2. Slow Down 3. Don't Cry Baby 4. Now She's Gone 5. Political Poachers 6. Sarah…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 57

JB、といってもジェームス・ブラウンじゃなくてジャクソン・ブラウンのセカンド・アルバムです。 Jackson Browne / For Everyman (1973) Side-1 1. Take It Easy 2. Our Lady Of The Well 3. Colors Of The Sun 4. …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 55

77年発売のT.レックス名義としては8枚目となる、そして最後となってしまったアルバムです。 T.Rex / Dandy In The Underworld (1977) Side-A 1. Dandy in the Underworld 2. Crimson Moon 3. Universe 4. I'm…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 54

75年に発表されたイーグルスの4枚目のアルバムです。 Eagles / One of These Nights (1975) Side-A 1. One Of These Nights 2. Too Many Hands 3. Hollywood Waltz 4. Journey Of The Sorcere…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 53

ユーライア・ヒープの記念すべきデビュー・アルバムです。 Uriah Heep / Very 'Eavy ...Very 'Umble (1970) Side-A 1. Gypsy 2. Walking in your shadow 3. Come away Melinda 4. Lucy blues Sid…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 52

クラプトンを凌ぐ才能の持ち主とも言われたギタリスト、ピーター・グリーンが79年に発表したソロ・アルバムです。 Peter Grenn / In The Skies (1979) Side-A 1 In The Skies 2 Slabo Days 3 Fool No More 4 Tribal…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 51

クラプトンのアルバムはLPでしか持っていない盤が結構多いんですが、これもそんな中の1枚です。 Eric Clapton / Backless (1978) Side-A 1. Walk Out In The Rain 2. Watch Out For Lucy 3. I'll Make Love …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 50

64年の結成以来、80年代の一時的なブランクを除き活動を維持、今なお現役バンドとして頑張っているストローブスの11枚目のオリジナル・アルバムです。 Strawbs / Burning for You (1977) Side-A 1.Burning for Me 2.Cut Like a Diamond 3.I …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 49

日本でも人気のあったイタリアン・プログレ・バンド、P.F.M.の傑作アルバムです。 P.F.M./幻の映像 (1973) Side-A 1. 人生は川のようなもの 2. セレブレイション 3. 幻の映像 4.オールド・イン Side-B 1. 晩餐会の三人の客 2. ミスター9~5時 3. プロム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 48

アメリカン・ハード・ロックの雄、マウンテン初のフル・ライヴ・アルバムです。 Mountain / Live: The Road Goes Ever On (1972) Side-A 1. Long Red 2. Waiting To Take You Away 3. Crossroader Side-B 1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 47

ユーライア・ヒープの通算13枚目(多分)となるオリジナル・アルバムです。 Uriah Heep / Conquest (1980) Side-A 1. No Return 2. Imagination 3. Feelings 4. Fools Side-B 5. Carry On 6. Won't Ha…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 46

元ドアーズのギタリスト、ロビー・クリーガーのブルーノート盤です。 Robbie Krieger / Robby Krieger & Freiends (1977) Side-A 1. Gumpopper 2. Uptown 3. Every Day 4. Marilyn Monroe Side-B 1. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 45

英国のフォーク系グループ、マグナ・カルタの2作目にして最高傑作(?)との呼び声も高い70年リリースのアルバムです。 マグナ・カルタ/四季 (1970) Side-A 1. 四季 プロローグ~冬の歌~春の詞~春の歌~夏の詞 ~夏の歌~秋の歌~エピローグ~冬の歌(リプライズ) Side-B 1. ゴーイン・マイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 44

ジャクソン・ブラウンを始めとして、数多くのウェスト・コースト系アーティストの作品に参加しその名を馳せたスライド・ギターの名手にしてライ・クーダーの良き相棒、デヴィッド・リンドレーのサート・アルバムです。 デヴィッド・リンドレー/MR.デイヴ (1985) Side-1 1. プリティ・ガール・ワールド 2. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 43

ローズマリー・クルーニーの初のカントリー・アルバムです。 ローズマリー・クルーニー/ソング・ブック (1963) Side-1 1. エニー・タイム 2. 知りたくないの 3. ジャスト・ビコーズ 4. ひとりだけのパーティ 5. ラヴ・ハズ・カム・マイ・ウェイ 6. 泣きたいほどの淋しさ Side…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 42

歴史的ヒット・アルバム「ホテル・カリフォルニア」のリリース後勃発したバンド内のいざこざに疲れ、イーグルスを脱退したランディ・マイズナーが78年に発表したソロ・デビュー作です。 Randy Meisner / Randy Meisner (1978) Side-A 1.Bad Man 2.Daughter …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 41

ベニー・グッドマンのV-ディスク音源を集めた編集LPです。 Benny Goodman On V-Disc (1979) Side-A 1. Under The Double Eagle (Benjie's Bubble) 2. I Know That You Know 3. Who's Sorry Now…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 40

クリスマスも間近ということで、こんな↓シングル盤を。 イーグルス ふたりだけのクリスマス C/W ファンキー・ニュー・イヤー (1978) アルバム「ホテル・カリフォルニア」以来2年ぶりの新録音となったクリスマス&お正月兼用のシングル。 一見クリスマスらしからぬスリーブ写真ですが、よく見ると白いツリーとプレゼ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 39

ドン・キングというと、かつて米ボクシング界を牛耳ったあのプロモーターのことを思い浮かべる方も多いでしょう。 そんなキングさん、秘かにレコードを出していた、何てことは全然なくて(笑)、こちらは70年代後半に登場したフォーク/カントリー系シンガーのアルバムです。 Don King / Lonely Hotel (1980) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レコード棚の片隅から 38

12月に入り、世間もすっかりクリスマス・モードですね。 毎度のことながら気が早いと思うけど、フィリピンあたりでは「ber」が付く月、つまり9月から大騒ぎというのですから まだまだですね、日本は(笑)。 ということで、今回はロージーことローズマリー・クルーニーのクリスマス・アルバムをどうぞ。 Rosemary Cloone…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more