音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無人島レコード 297枚目

<<   作成日時 : 2017/07/12 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「もし、無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
レココレ誌でもこのネタで増刊号が2冊出ているくらい、音楽ファンにとっては究極の質問であったりするわけですが、この質問、前から不満を抱いていたのはワタクシだけでしょうか。
だって、無人島でしょ?
レコード(CD)なんていくらでも置き場所あるじゃん(笑)。
それにどんなに素晴らしいレコードだってそればっかり聴いてたら1ヶ月で飽きちゃいますよ。
そこで、おやぢ版無人島レコードでは365枚をセレクト予定。
これだったら1日1枚、毎日違うレコードを聴いても1年間楽しめますからね。
まぁ、本音をいうと手持ちの数千枚のレコード(CD)をこれくらいに絞れたらどんなにすっきりするだろうなと思っていたりするわけなんですが。
だって、ここ何年も聴いていないアルバムが何枚あることか。
っていうか、そっちの方が多い気がします。
でも、いざ処分するとなるとねぇ。
実際は日々増える一方です(笑)。
で、ルールですが、原則1アーティストにつき1アイテムとしますが、2枚組でも3枚組でも、ボックスでもOK。
ただし、全キャリアを網羅するようなコンプリート・ボックスや例の5枚組「Original Album Classics」系を選んじゃうと意味がなくなってしいますので、それらはオミットということで。



今回は、このアルバムを。


Patience & Prudence / The Best of Patience & Prudence (2004)

画像

チャイルド物の最高峰、と個人的には思っているペイシャンス&プルーデンスの24曲収録のべスト・アルバムです。
フランク・シナトラのピアノ伴奏者でもあったマーク・マッキンタイアの二人の娘は当時(1956年)11歳と14歳。
この娘たちがサマー・キャンプで覚えてきたオールド・ソング「Tonight You Belong To Me」のデモ録音を耳にしたレコード会社が面白いと発売したところ、思いもかけずに全米6位の大ヒットに、というのがよく知られたストーリーですね。
その後も、「Gonna Get Along Without Ya Now」「The Money Tree」などのナンバーをヒットさせるなど、60年代半ばまで数年間活動したようですが、若くして芸能活動からは引退しています。
まぁ、年齢を重ねるに連れ魔法が消滅するというのはありがちなことですが、彼女たちもその呪縛から逃れることは出来なかったようです。
本作でも素晴らしいのは前半の50年代の録音で、男性アイドル歌手との共演(17),(18)や60年代に入ってからの吹き込みと思われる(19)以降はやや面白みに欠けるとういのが正直なところですが、大きなマイナス点となってはいません。
ペイシャンス&プルーデンスのキュートな歌声をたっぷり楽しめる1枚、現在は残念ながら廃盤ですが、後半の6曲をオミットしたオールデイズ・レコードさんからの紙ジャケ盤が安価で入手可能です。


Patience & Prudence - Tonight,You Belong To Me



Patience & Prudence - A Smile and A Ribbon

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無人島レコード 297枚目 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる