音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 国境の歌姫

<<   作成日時 : 2018/01/07 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

テキサス出身のシンガー・ソングライター、ティッシュ・イノホサの4th(たぶん)アルバムです。

Tish Hinojosa / Culture Swing
CD 92年


画像

1. By The Rio Grande
2. Something In The Rain
3. Bandera Del Sol (Flag Of The Sun)
4. Every Word
5. Louisiana Road Song
6. Corazon Viajero
7. Drifter's Wind
8. The Window
9. In The Real West
10. Chanate, El Vaquero
11. San Antonio Romeo
12. Closer Still



ラウンダーからリリースされたセルフ・プロデュース作。
ボーダー・ミュージックの担い手しての実力を示した傑作に仕上がっており、英語及び数曲でスペイン語による歌唱が聴かれます。
アコーディオンで御大フラーコ・ヒメネスがゲスト参加。
音楽性は、カントリー・ミュージックとテックスメックスの間を行き来するティッシュならではもの。
彼女の本領はスペイン語歌唱でこそ発揮されるとの意見もあるようですが、英語歌唱も勿論素晴らしい。
似たような出自のリンダ・ロンシュタット、といってもティッシュは移民2世、リンダはドイツ人とメキシコ人のハーフという違いはあるのですが、メキシカンの血が流れているという点では共通する部分もあると思います。
リンダは、ティッシュの曲もカバーしていますしね。
ただし、ヴォーカル・スタイルは対照的で、時に鬱陶しい(笑)とも思えるほど力強い歌声が印象的なリンダに対して、ティッシュはあくまでもナチュラルで伸びやか、
押しつけがましいところが一切ないのが彼女のスタイル。
ヒット曲とは縁のないティッシュと大スターのリンダとを比べるのはナンセンスの極みなのですが、こういう歌手が、デビュー以来10数枚のアルバムを途切れることなくリリースし続けられるアメリカの音楽シーンの懐の深さは、やはり端倪すべからざるものがあるといっていいでしょう。
リンダのアルバムも嫌いじゃありませんが、飽きずに長く聴き続けられるのはやはりティッシュの方なんじゃないかな。


Tish Hinojosa - By The Rio Grande


Tish Hinojosa - In The Real West



購入記録  Amazon マケプレ 570円(送料込み)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

ティシュ・イノホーサ、イイですね〜。「ホームランド」は我が人生の洋楽ベスト10に入る位に好きです。今回の盤であれば、2と9が特に好きです!
アルバム全て揃えたいんですが、この人の盤って全然日本に入って来ていないんじゃないですかね〜。ここ10年近くは、タワレコとかでも全然見かけたことがありません。でもいつかはコンプリート出来たらイイな〜と思っております。
ころん
2018/01/07 18:54
ころん 様

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

>今回の盤であれば、2と9が特に好きです!
(2)もしみじみとした名曲ですね。
というか、本作に収録された曲全てが素晴らしいと思います。

>この人の盤って全然日本に入って来ていないんじゃないですかね〜。
ですよね〜。
レコ屋で見かけた記憶がありません。
彼女のファンって、日本で100人もいないんじゃないかな(笑)

>コンプリート出来たらイイな〜と思っております。
コンプリートしたくなる数少ないアーティストですよね。
とりあえず「ホームランド」買います!!
おやぢ
2018/01/08 13:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
国境の歌姫 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる