音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベテラン・バンド健在

<<   作成日時 : 2018/03/03 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

英国のフォーク・ロック/プログレ系バンド、ストローブスの18枚目(たぶん)のアルバムです。

Strawbs / Dancing to the Devil's Beat
CD 2009年


画像

1. Revenge (Can Be So Sweet)
2. Beneath the Angry Sky
3. Copenhagen
4. Pro Patria Suite
5. Back Along (We Were Young)
6. All for Each Other
7. Home Is Where the Heart Was Ever
8. Where Silent Shadows Fall
9. The Man Who Would Never Leave Grimsby
10. The Ballad of Jay and Rose Mary
11. Dancing to the Devil's Beat
12. Oh How She Changed



結構なストローブス・ファンでも、2000年以降のアルバムまでフォローしているというファンは少ないんじゃないでしょうか。
自分も95年の「Heartbreak Hill」までは買っていましたが、その後はとんとご無沙汰。
本作は、2000年代に入ってから5枚目となるオリジナル・アルバムのようですが、ストローブス・サウンドは相変わらず健在です。
まぁ、マンネリの極みという意見もありそうですが、デイヴ・カズンズを中心に、デイヴ・ランバート、チャス・クロンク、ロッド・クームスといったストローブス・ファンには馴染みのあるメンバーにリック・ウェイクマンの長男でキーボード奏者のオリヴァー・ウェイクマンが加わったライン・アップは安定感があり、彼らのファンには十分楽しめる内容となっています。
特にカズンズ節全開のアップ・チューン(11)、ナイーブかつドラマティックなフォーク・ロック・チューンで記念すべきデビュー・シングルのセルフ・カバー(12)は一聴の価値ありといったところでしょうか。
それにしても、このジャケ、売る気あるのかな〜(笑)。
昨年には新作を発表、まだまだ健在ぶりを示したストローブス、オールド・ファンの希望の星であり続けていただきたいものです。


購入記録 HMV 800円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベテラン・バンド健在 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる