思い出の70sヒット・チャート 100

いよいよこの連載も最終回でございます。
79年ビルボード誌年間チャート1位~20位からの紹介です。


1979年TOP100

1 The Knack - My Sharona
2 Donna Summer - Bad Girls
3 Chic - Le Freak
4 Rod Stewart - Da Ya Think I'm Sexy
5 Peaches & Herb - Reunited
6 Gloria Gaynor - I Will Survive
7 Donna Summer - Hot Stuff
8 Village People - Y.M.C.A
9 Anita Ward - Ring My Bell
10 Robert John - Sad Eyes


アニタ・ワードの「リング・マイ・ベル」が9位。
イントロのシンセ・ドラムが印象的なディスコ・チューン。
本人は全然乗り気じゃなかったんだそうですが、アルバムにアップ・テンポの曲が必要になり仕方なく録音したところ、全米1位まで登りつめてしまったというエピソードがあるそうです。

Anita Ward - Ring My Bell



ドナ・サマーの「ホット・スタッフ」が7位。
ビージーズの「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」とデッド・ヒートを展開、一旦はビージーズにトップの座を明け渡しますが、すぐに返り咲き、2週間続けて1位を記録した大ヒット曲です。

Donna Summer - Hot Stuff



グロリア・ゲイナーの「恋のサバイバル」が6位。
ドナ・サマーにディスコ・クイーンの座を奪われたような格好になっていたグロリアが放った起死回生の大ヒット曲で、彼女にとって初のナンバーワン・ヒットとなりました。
この曲聴くと、なんかテンション上がってくるんですよねぇ。

Gloria Gaynor - I Will Survive



シックの「おしゃれフリーク」が3位。
邦題がダサイ(笑)ことを除けば完璧な1曲。
5週間連続1位のビッグ・ヒットとなりました。

Chic - Le Freak



再びドナ・サマーが登場。
「ホット・スタッフ」が大ヒットの最中、立て続けにリリースされたのが「バッド・ガール」。
このカサブランカ・レコードの作戦は図に当たり、2曲が同時にトップ5入りする大成功を収めますが、ドナがカサブランカと袂を分かつきっかけともなりました。
5週間連続1位。

Donna Summer - Bad Girls



さて、70年代最後の年間チャート第1位はザ・ナックの「マイ・シャローナ」。
究極の「一発屋」、ナックの完全無欠のロックンロール・チューン。
ビートルズの再来と言われた彼らがこの1曲のみで消えていったのもむしろ潔く思えます。
98年に再結成、ナツメロ・サーキットでも活躍していたようですが、ダグ・ファイガーの他界で、ザ・ナックの名を聞くことは永遠になくなりました。


The Knack - My Sharona



というわけで、ディスコ旋風が吹き荒れる中、70年代は幕を閉じたのでありました。
来週からは新企画をスタートしますので、引き続きお付き合いください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ころん
2010年09月11日 18:34
80年代から音楽を聞き始めたワタクシは70年代を全然知りませんでしたので、おやぢ様の70年代ヒット・チャート・シリーズは、とても参考になる連載でありました。ありがとうございました!

新企画、楽しみにしておりま~す♪
2010年09月11日 22:09
ころん様

コメントありがとうございます。
多少なりとも参考にしていただいたと聞いて、とっても嬉しいです。
新企画は70年代のヒット曲を別の角度から見たものと考えておりますので、
また覗いてみてください!

らいと
2010年09月17日 23:10
70年代の最後を飾ったのはナックでしたか。
でも「ビートルズの再来」だの「第二のビートルズ」だのってのはこの世で一番恥ずかしいキャッチコピーだと思うな。
ともあれ70年代チャート紹介ありがとうございました。楽しかったです。次回の企画も楽しみにしてますよ。
2010年09月18日 12:00
らいと様

おはようございます。
コメントありがとうございます。

>「ビートルズの再来」だの「第二のビートルズ」だのってのはこの世で一番恥ずかしいキャッチコピーだと思うな。
いくつものバンドがそう呼ばれてきましたが、呼ばれた本人達が一番嫌な思いをしてたんじゃないでしょうか。
カーペンターズさえ「ポスト・ビートルズ」なんて書いていた雑誌(某ML誌だったような記憶が…)がありましたけど、本人達は何を馬鹿なことを言ってるんだろうと思ってたでしょうね。
新企画、本日スタートです。お暇な折に覗いていただけるとうれしいです。
blueswave
2010年09月18日 22:37
このころ、私は既にヒットチャートから興味が薄れていたようですね。このシックなどはこちらで先日教えていただくまでまったく知らなかったグループですが、またまたこの曲もいいですね。ずい分と遅ればせですがすっかり気に入りました。ザ・ナックの「マイ・シャローナ」は完璧すぎる単発ヒットですね。これだけのセンスがありながらなぜこの1曲で終わってしまったのか、残念に思います。
2010年09月19日 12:45
blueswave 様

シックいいですよねぇ。
自分もリアルタイムではそれほどでもなかったんですが、今聴くと実にシャレてるしカッコいいと思います。

>これだけのセンスがありながらなぜこの1曲で終わってしまったのか、残念に思います。
よく最初の曲とかアルバムが素晴らしすぎると、それを乗り越えられないみたいなこと言われますが、アイドル時代から始まり、次々とハードルをクリアしていたB4は怪物としかいいようがないですね。
残念ながらナックは「マイ・シャローナ」の重圧に押しつぶされてしまったんでしょうね。

この記事へのトラックバック