音楽系おやぢの買物日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 60年代名盤

<<   作成日時 : 2018/10/28 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

60年代アメリカン・ロックが残した名盤のひとつと数えられるバッファロー・スプリングフィールドのセカンド・アルバムです。


Buffalo Springfield / Buffalo Springfield Again
CD 90年 / オリジナル 67年


画像

1. Mr. Soul
2. A Child's Claim to Fame
3. Everydays
4. Expecting to Fly
5. Bluebird
6. Hung Upside Down
7. Sad Memory
8. Good Time Boy
9. Rock & Roll Woman
10. Broken Arrow



今更ジロー感満点のアルバムですが、しばらくオフの安棚に放置されていましたので、救出してきました。
LP時代にも何度か耳にしてはいた(もちろん後追いで)のですが、当時はどこがいいのかさっぱり分かりませんでした。
今回、久しぶりの再会となったのですが、いやぁ、素晴らしいですね!
1曲目から飛び出すニール・ヤングの歪んだギター、カッコよすぎです。
カントリー、ジャズ、ラテン、サイケなどの要素が混然一体となってウェスト・コースト・サウンドの枠に収まりきれない作品に仕上がっています。
まぁ、実験的な部分もあるので、ガキンチョの耳には、心地よく感じられなかったのは当然だったかも知れませんね。
はっぴいえんどが、お手本にしたというのも納得の名盤です。


Buffalo Springfield - Mr Soul



購入記録 ブックオフ 280円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
正に名盤!それにしてもニール・ヤングのセンスと才能はずば抜けていますよね。スティルスやリッチーも好きだけど、俺は断然ニール派!!
シュガー・シェイカー
2018/10/29 13:39
シュガー・シェイカー 様

自分も、ニール>スティルス>リッチーですかね。
ニールは、アルバムごとにスタイルを変幻自在に変えながらも、誰が聴いてもニール・ヤングでしかないところが凄いですよね。
おやぢ
2018/10/31 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
60年代名盤 音楽系おやぢの買物日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる