Doo Wop Jukebox Hits その3

「Doo Wop Chartbusters」の姉妹編「Doo Wop Jukebox Hits」です。

Doo Wop Jukebox Hits
CD 2014年


画像


今回は、Disc-5,6から。

Disc-5(Total Time 54'33)
1. Fantastics - There Goes My Love
2. Ravens - Count Every Star
3. Checkers - White Cliffs Of Dover
4. Distants - Come On
5. Moonglows - Baby Please
6. Robins - Turkey Hop
7. Jan & Dean - You're On My Mind
8. Robins - (Now And Then There's) A Fool Such As I
9. Beavers - I'd Rather Be Wrong Than Blue
10. Satintones - My Beloved
11. Harp-Tones - A Sunday Kind Of Love
12. Clovers - When You Come Back To Me
13. Vocaleers - Be True
14. Danleers - If You Don't Care
15. Flamingos - Golden Teardrops
16. Cap-Tans - Chief, Turn The Hose On Me
17. Billy Bunn & His Buddies - That's When Your Heartaches Begin
18. Serenaders - But I Forgive You
19. Delta Rhythm Boys - If You See The Tears In My Eyes
20. Castelles - My Girl Awaits Me

Disc-6 (Total Time 53'28)
1. Fascinators - Oh ‚Rose Marie
2. Vibrations - So Blue
3. Orioles - At Night (Morris)
4. Hank Ballard & The Midnighters (As The Royals) - Every Beat Of My Heart
5. Jan & Dean - Jeanette Get Your Hair Done
6. Three Riffs - Jumping Jack
7. Larks - Hold Me
8. Four Buddies - Sweet Slumber
9. Four Tunes - Old Fashioned Love
10. Four Buddies - You're Part Of Me
11. Ravens - Gotta Find My Baby
12. Cadillacs - I'm Willing
13. Striders - Cool Saturday Night
14. Orioles - Don't Cry Baby
15. Larks - My Reverie
16. Colemans - I Don't Mind Being All Alone
17. Hollywood Four Flames - Wine
18. Sonics - This Broken Heart
19. Four Knights - That's The Way It's Gonna Be
20. Ravens - I Don't Have To Ride No More

赤表示はライノ・ボックス未収録曲。

Disc-5のライノ未収録は15曲。
中でもいいのが、チェッカーズの「White Cliffs Of Dover」。
チェッカーズは、ニューヨーク出身の4人組で、ジョン・カーネギーとチャーリー・ホワイトという2人のリード・ヴォーカリストが売りだったグループ。
50年代前半に10枚以上のシングルを残しており、「White~」は53年にリリーされた軽快なナンバー50年代後半から60年代にかけて活躍したダンリアーズの「If You Don't Care」も中々。
リード・ヴォーカルのジミー・ウェストンの格調の高い歌い口が印象的な好バラード。

Checkers - White Cliffs Of Dover


Danleers - If You Don't Care



Disc-6のライノ未収録は18曲。
55年「Speedoo」の全米ヒットで知られるキャディラックスの60年のシングル「I'm Willing」が素晴らしい。
アール・キャロルのソフト&ジェントルなヴォーカルが魅力。
なぜヒットしなかったのが不思議なほどの好ナンバーですが不発に終わり、それが原因してかどうかは分かりませんが、アールは翌61年にグループを脱退、コースターズに移籍してしまいます。
あとは、ソニックスのバラード・チューン「This Broken Heart」。
ソニックスは、ニュージャージー出身の5人組。
50年代末から60年代初頭に6枚ほどのシングルをリリースしていますが、ヒットには恵まれなかったようです。

Cadillacs - I'm Willing


Sonics - This Broken Heart

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック